達磨山ハイキング。伊豆半島から駿河湾越しの富士山を見る(船原峠~金冠山)

2019年1月21日(月)~22日(火)、伊豆山稜線歩道の船原峠~伽藍山~古稀山~達磨山~金冠山を歩いてきました。

きっかけ

前回の山中湖に味を占め富士山が見える絶景スポットはないかなと探していたところ、ヤマケイオンラインの「冬の低山ハイキングを楽しむ 富士山の見える山に行こう!」という記事が目にとまりました。

その中で紹介されていたのが今回行った金冠山と達磨山。駿河湾越しに富士山が見えるのだとか。

「達磨山」でWebを検索してみると伊豆市の「達磨山ハイキング」というページが見つかりました。

そのページでは達磨山の南にある大曲茶屋バス停からスタートして北にあるだるま山高原レストハウスへ抜けていくルートが紹介されています。達磨山へ行くだけならだるま山高原レストハウスからの往復が普通のようですが、このコースは終始富士山方向を眺めながらの稜線歩きだとか。写真を見るとクマザサに覆われた山稜は見晴らしが良さそうです。

というわけで、このルートに金冠山も加えて行くことにしました。

最寄りの駅は伊豆箱根鉄道の修善寺駅。せっかくですから一泊して温泉にでも入ることにしました。

今回のルート

Total distance: 13131 m
Total time: 05:06:39

交通

行きは伊豆箱根鉄道の修善寺駅から路線バスで大曲茶屋バス停へ行くことになります。

次の平石バス停で降りるのを勧める記事も見かけたのですが、船原峠までの距離はそれほど変わらないようですし今回は大曲茶屋から登ることにします。

それで修善寺へ行く方法ですが、首都圏からの高速バスは東海バスの伊豆長岡・修善寺温泉ライナーのみ。片道2570円、往復4600円。私の場合新宿まで出るのに時間も費用もかかるので、それほどお得ではありません。むしろ普通列車で直接修善寺へ向かった方が早いし安いようでした。

普通列車でも良いのですが、できるだけ朝早い時間に着くことを考えると新幹線を使うルートが候補に挙がりました。

新横浜6:00発(始発)のひかりで小田原、小田原から普通列車で三島、三島から伊豆箱根鉄道で修善寺へ行くのが最も早い時間に着けると分かりました。それだと8:05発のバスに間に合い08:33に大曲茶屋に到着出来ます。

20190121-access.png

三島へ行くならこだまの方が良いのではと思いましたが、新横浜発の最初のこだまは06:52発なので06:00始発のひかりで小田原で降りた方が早いようです。東京駅からだと06:00発ののぞみが始発、ひかりが06:26発、こだまが06:33発なので、やはり新横浜から行く方が早そうです。

新横浜~大曲茶屋

2019年1月21日(月)。

南武線、東急東横線、横浜線を乗り継いで新横浜へ。

今回は新幹線の切符を事前に買っておく余裕が無く乗り換え時間も短かったためスマートEXを利用してみました。事前にクレジットカードとSuica番号を登録して予約すれば、そのSuicaだけで新幹線に乗り降り出来るというチケットレスサービスです。新幹線の自動改札でタッチするとご利用票が出てきます。車内改札の時に必要みたいですが今回は小田原までに車内改札は無かったので見せる必要はありませんでした。

20190121_055510.jpg

ホームに行くとすでに新幹線は停車していました。

自由席は左右に一人ずつ座れるくらいの乗車率でした。新幹線の中で朝食おにぎり。

20190121_055615.jpg

06:00新横浜駅発。06:14小田原駅着。1950円。

20190121_061452.jpg

小田原駅で東海道線熱海行きに乗り換え。

06:22小田原駅発。06:45熱海駅着。

東海道線浜松行きに乗り換え。

20190121_061948.jpg

ここでふと気がついたのですが、小田原で何も考えずにSuicaで入場してしまいましたが三島駅でSuicaは使えるのでしょうか。スマホで検索してみたところ、熱海をまたぐところでTOICAエリアに入るため自動改札では下車出来ないとのこと。まぁ、精算はできるようなので良いでしょう。

06:49熱海駅発。07:01三島駅着。

改札の窓口で「小田原でSuicaで入ってしまったんですけど……」と聞くと、備え付けのリーダーにタッチするよう言われました。タッチするとそれだけで精算完了。料金もSuicaで支払われました。後でSuicaの利用履歴を見ると「窓出 0円」「精 -670円」と記録されていました。結果的には切符を買うよりも素早く済んだような?

いったん改札を出て数10m歩くとすぐに伊豆箱根鉄道の入口があります。

20190121_070424.jpg

修善寺までの切符(510円)を購入して入場。

20190121_070604.jpg

07:11三島駅発。07:45修善寺駅着。

20190121_074612.jpg

改札を出て左手すぐにバス乗り場があります。

20190121_074716.jpg

4番乗り場「松崎行き」の前で待ちます。

20190121_074903.jpg

バスは前乗り前降り。後ろのドアはあるけど使わないみたいです。整理券発券機も前にあります。

08:05修善寺駅発。08:38大曲茶屋バス停着。810円。

20190121_083939.jpg

只今の気温4℃。着込んでいればそれほど寒くはありません。

20190121_084024.jpg

大曲茶屋~船原峠

08:40大曲茶屋発。

大曲茶屋から船原峠(ふなばらとうげ)までは国道・旧道を3kmほど歩きます。

20190121_084753.jpg

国道136号線から静岡県道411号線(旧道)へ右折。

20190121_085138.jpg
20190121_090048.jpg

ずーっと歩いて行くと西伊豆スカイラインの高架橋が見えてきます。

20190121_091804.jpg

高架橋の足下に「伊豆山稜歩道」の入口「船原峠」があります。

20190121_091950.jpg

09:20着。大曲茶屋から40分でした。結構長かったですね。平石バス停からだとどうなのでしょうか。

船原峠

20190121_092006.jpg

伊豆山稜線歩道は、伊豆市「修善寺自然公園もみじ林」から「伊豆の踊子」で有名な「天城峠」までを結ぶ、全長42.8kmの変化に富んだ自然歩道です。特に、明るく開けた峠道と富士山の展望は訪れるハイカーを魅了してやみません。眼下にきらめく駿河湾も望めて気分はまるで空中散歩。いつまでも歩きたくなることうけあいです。

気分はまるで空中散歩だそうですよ!

船原峠~伽藍山

09:21船原峠発。

なかなか急な階段です。

20190121_092143.jpg
20190121_092306.jpg
20190121_092740.jpg

いったん車道に出て

20190121_092754.jpg
20190121_092817.jpg
20190121_092822.jpg

またすぐ山道へ。

20190121_093152.jpg
20190121_093158.jpg
20190121_093240.jpg
20190121_093553.jpg

また車道に出て

20190121_093822.jpg
20190121_093827.jpg

……今度はなかなか山道に戻りません。

20190121_094204.jpg
20190121_094548.jpg

見晴らしが良くなってきました!

20190121_094730.jpg
20190121_094811.jpg
20190121_095728.jpg

東屋?

20190121_095919.jpg

09:59土肥駐車場着。海が綺麗です。あれ、木々の向こうに富士山が見えたような。

10:01土肥駐車場発。

駐車場からすぐのところでまた山道へ。

20190121_100208.jpg
20190121_100220.jpg

クマザサの中を歩きます。

20190121_100519.jpg

良い感じになってきた!

20190121_100638.jpg

振り返って一枚。

20190121_100650.jpg
20190121_100654.jpg
20190121_100849.jpg

おや、車道に出ました。

20190121_100925.jpg

あれ、ここが伽藍山??

20190121_100935.jpg

10:09伽藍山着。船原峠から48分でした。

伽藍山

伽藍山は何もないただの車道脇でした。

20190121_101733.jpg

立ったままお菓子をつまんで8分ほど休憩。

20190121_101736.jpg

伽藍山~古稀山~達磨山

10:17伽藍山発。

すぐに目の前に富士山が見えてきます。

20190121_102041.jpg
20190121_102111.jpg

10:21小土肥駐車場通過。

20190121_102338.jpg
20190121_102452.jpg
20190121_102509.jpg
20190121_102517.jpg
20190121_103109.jpg
20190121_103244.jpg
20190121_103306.jpg

見晴らしの良い稜線歩き。まさに空中散歩になってきましたよ!

20190121_103425.jpg
20190121_103508.jpg

10:35古稀山着。なかなかの絶景ポイントです。

20190121_103608.jpg

10:36古稀山発。

20190121_103643.jpg
20190121_103810.jpg
20190121_103849.jpg
20190121_103854.jpg
20190121_103947.jpg
20190121_104017.jpg
20190121_104137.jpg
20190121_104259.jpg
20190121_104505.jpg

10:47戸田(へだ)駐車場通過。バイクが一台止めてありました。達磨山との間で男性とすれ違ったのでおそらくその方のものでしょう。こんにちはー、と声を掛け合ってすれ違いましたが満面の笑みでした。

登りながら振り返って一枚。

20190121_105004.jpg

左手側の景色。

20190121_105006.jpg
20190121_105018.jpg
20190121_105220.jpg

後ろもなかなかの景色なんです。

20190121_105553.jpg
20190121_105611.jpg

南アルプスの山々でしょうか。

20190121_105650.jpg
20190121_105917.jpg
20190121_110020.jpg

11:00達磨山着。伽藍山から43分でした。

20190121_110038.jpg

達磨山

20190121_110047.jpg

360度全方向見渡せます。

20190121_110110.jpg
20190121_110120.jpg
20190121_110128.jpg
20190121_111952.jpg

南側は低い山々広がっています。

20190121_111928.jpg

ゆっくり休憩していたのですが、ここで突然仕事の電話が来てゲンナリ。このタイミングでかぁ……。

それと遮るものが無いので風が吹いて結構寒いです。

20分くらい滞在して出発しました。

達磨山~戸田峠~金冠山

11:22達磨山発。

富士山と海を見ながらの最高の下り。

20190121_112159.jpg
20190121_112229.jpg
20190121_112324.jpg
20190121_112419.jpg
20190121_112427.jpg
20190121_112714.jpg

左手に見えるのは戸田湾。機会があれば行ってみたいけれど……。

20190121_112806.jpg
20190121_113208.jpg
20190121_113343.jpg

降りきるといったん車道に出ます。

20190121_113637.jpg
20190121_113738.jpg

すぐに再び山道に入って少し上り。

20190121_113838.jpg
20190121_113918.jpg
20190121_114018.jpg
20190121_114211.jpg
20190121_114508.jpg
20190121_114524.jpg

11:49小達磨山通過。狭い山道に道標が立っているだけです。

ここからはまた下り。

20190121_114956.jpg
20190121_115040.jpg
20190121_115049.jpg
20190121_115311.jpg
20190121_115734.jpg
20190121_115904.jpg
20190121_120006.jpg
20190121_120010.jpg
20190121_120135.jpg
20190121_120754.jpg

奥に見えるのが金冠山ですね。

20190121_120843.jpg

真上に枝が伸びてる木。

20190121_120947.jpg
20190121_121039.jpg
20190121_121122.jpg

12:11戸田峠着。達磨山から49分。

20190121_121156.jpg

バス停もあるのでここから帰ることも出来ますが、今回は金冠山を経由してだるま山高原レストハウスまで歩きます。

20190121_121230.jpg

バス停の向かいに標識があり、さらにその奥にトンネルと金冠山への入口があります。

20190121_121243.jpg
20190121_121258.jpg

鎖で塞がれていますが、おそらく車が入れないようにするためのものでしょう。

20190121_121321.jpg

すぐに金冠山が見えてきます。うー、あそこまで登るのかー。

20190121_121601.jpg

妙に綺麗な交差点。左が金冠山。

20190121_121946.jpg

芝生の道を進みます。

20190121_122003.jpg
20190121_122329.jpg
20190121_122500.jpg

急な階段を登り切ると金冠山に着きました。

12:26金冠山着。達磨山から64分、戸田峠から14分でした。

20190121_122603.jpg

金冠山

おおー、絶景! 駿河湾越しの富士山がよく見えます。富士山の裾野に広がる街並みもミニチュアみたいで良いですね。

20190121_122624.jpg

達磨山から降りる途中で年配の男性とすれ違ったのですが、その方は三島から来たそうで毎日富士山は見ているけれどこのあたりからの眺めが一番だと言っていました。私はこの間山中湖へ行ったんですよ、とは言えませんでした。いや、実際ここはかなり良い眺めですよ!

20190121_122730.jpg

これも山頂標識でしょうか?

20190121_122831.jpg

ちょうど良い時間ですしお腹もすいたのでお昼ご飯にしました。富士山が見える標識近くの岩の上に座って食べました。

20190121_123051.jpg

後からきた三人組(祖父母とお孫さん?)は富士山側の一段下のところで風を避けて食事をしていました。慣れている感じだったので前にも来たことがあるのかもしれません。双眼鏡で街を見ながらあそこに見えるのが何だと話していました。

20190121_130232.jpg

バスの時間まではまだ大分あるのでゆっくり景色を楽しみました。

20190121_124743.jpg
20190121_125023-PANO.jpg
20190121_131313.jpg

金冠山~だるま山高原レストハウス

13:13金冠山発。元来た道を戻ります。

20190121_131337.jpg

登るのは時間かかりますが降りるのはあっという間です。

20190121_131749.jpg

来たときにも通った交差点。右の戸田峠から来たのですが、まっすぐ進むとだるま山高原レストハウスです。

20190121_131842.jpg

広い芝生の道が続きます。

20190121_131959.jpg
20190121_132235.jpg
20190121_133029.jpg
20190121_133713.jpg
20190121_133805.jpg
20190121_133937.jpg
20190121_134025.jpg
20190121_134207.jpg
20190121_134245.jpg

13:44だるま山高原レストハウス着。金冠山から31分。

20190121_134407.jpg

トイレ。

20190121_134437.jpg

ここからの眺めも良いです。富士山山頂は雲で隠れてしまいましたね。

20190121_134707.jpg

レストハウスの喫茶コーナーで時間を潰します。

20190121_135827.jpg

プチスイーツアラカルト(500円)。

20190121_140012.jpg

綺麗に帽子を被っています。

20190121_140948.jpg

ここからの富士山も見納めですね。

20190121_143135.jpg

バス停「だるま山高原レストハウス」はレストハウスを出て下り側にあります。近くに交通安全達磨の像があります。

14:46だるま山高原レストハウス発。

20190121_144546.jpg
20190121_144628.jpg

15:04修善寺温泉バス停着。

修善寺観光

宿のチェックインは17:00なのでそれまで時間を潰さなければなりません。修善寺の街をブラブラしてみようと思います。

20190121_151127.jpg
20190121_151530.jpg

修禅寺。

射的屋があります!

20190121_152742.jpg
20190121_152753.jpg

源頼家 家臣 十三士の墓。

源頼家の墓。

20190121_153109.jpg

指月殿。

20190121_153557.jpg

竹林の小径。

20190121_154311.jpg
20190121_154813.jpg

源範頼の墓。

独鈷の湯(とっこのゆ)。

20190121_161308.jpg

日枝神社(ひえじんじゃ)。

まだ少し時間があるので喫茶店「満月堂」で一休み。

17時前になったので宿へ。

今回の宿は修善寺温泉バス停の真ん前にある「湯回廊 菊屋」。かつて夏目漱石も泊まったことがあるという老舗の旅館だそうです。

レイトチェックイン(17:00~)、お部屋おまかせ、夕食なしだと税込み12800円で泊まれる格安プランがあったのでこの宿にしました。

20190121_165844.jpg

なかなか豪華な内装です。

20190121_171741.jpg

部屋は一番右奥2Fの部屋。ずいぶん端っこの部屋だなぁと思いましたが、なかなか広い部屋です。こたつ付きの居間、広縁、寝室、トイレは二つありました。

少々隙間風が気になりましたが、暖房は強力なので窓から離れれば寒くはありません。障子に穴が空いていたり、繕うときに表から紙を貼っていて見栄えが悪いなぁと思ったり、洗面台の蛍光灯がすぐにつかなかったり、ベッドサイドの明かりの調整つまみが壊れていたり、設備にやや問題が多い部屋なのかなとは思いました。

夕食なしのプランなので外に出て食べるところを探しました。

しかしあてにしていた店がことごとくお休み。臨時休業まで。

宿の近くで唯一空いていた湯川食堂で黒米チャーハンを食べました。修善寺は黒米推しなんですか?

宿に戻ってボヤボヤ過ごします。

20190121_184307.jpg

菊屋では夜22時~23時に夜鳴きそばと称して半玉サイズの醤油ラーメンが無料で振る舞われます。ありがたく頂きました。

疲れたので早々に寝て翌朝。

朝食は洋食にしました。うん、このオムレツは見た目は良いけれど私が作った方が美味しいよ。

20190122_073436.jpg

帰路

08:32菊屋発。

20190122_083234.jpg

すぐ目の前が修禅寺温泉バス停です。すぐにバスが来ました。

08:35修禅寺温泉バス停発。

20190122_083405.jpg

08:42修禅寺駅着。220円。

20190122_084301.jpg

三島までの切符(510円)を購入して列車に乗り込みます。

20190122_084418.jpg
20190122_084430.jpg

08:49修禅寺駅発。09:25三島駅着。

20190122_092504.jpg

今回はちゃんと切符を購入。三島から小田原まで670円。

20190122_092844.jpg
20190122_093002.jpg

09:37三島駅発。 09:51熱海駅着。 10:10熱海駅発。 10:32小田原駅着。

20190122_103215.jpg

小田原からは小田急線の快速で帰りました。 小田急線は快速と特急(ロマンスカー)で所要時間にそれほど差が無いので、空いている時間帯だと快速でいいやと思ってしまいます。タイミング次第ではありますが。

20190122_103419.jpg
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です