金時山でお手軽富士見ハイク(乙女峠~金時登山口)

2019年12月12日(木)、金時山へ行ってきました。

金時山は登山初心者におすすめの山として良く紹介されている山です。登山口へのアクセスが良く山頂までのコースタイムも短く楽に登れそう。そして一度見たら忘れられない大きな看板付きの富士山写真。富士見スポットを巡るのであれば外せない場所ではないでしょうか。

前回愛鷹山の黒岳~越前岳に登って残念ながら富士山が見えず。同じ所にもう一度行くのも気が進まなかったので、比較的近い方角からの眺めということでここに決めました。早朝の小田急線→御殿場線の乗り継ぎが案外良かったのでこの周辺の山に興味が出てきたということもあります。

ちなみに標高1212mで12月12日に訪れたのは全くの偶然です(純粋に天気を見て決めました)。

現地へのアクセス

金時山の登山口へは新宿から直通の高速バスがあるようです。

朝一番の便は6:35バスタ新宿発、8:35乙女峠着(1880円)~8:40金時登山口着(1940円)。結構安いです。それに30分間隔って凄くないですか? さすが人気の観光地です。

ただ、私の場合立川方面からなので新宿まで出るのに費用(480円)も時間(バスタ新宿での乗り換えを考えると1時間程度)もかかります。南武線、小田急線、御殿場線と乗り継いで御殿場駅まで行き、そこから路線バスに乗った方が早くて安いようです。

  1. 立川 04:47 → 05:14 登戸 (JR南武線 308円)
  2. 登戸 05:30 → 06:38 新松田 (小田急線 639円)
  3. 新松田 06:39 → 06:40 松田 (徒歩)
  4. 松田 06:50 → 07:23 御殿場 (JR御殿場線 510円)
  5. 御殿場 07:33 → 07:49 乙女峠 (箱根登山バス 550円)

(計 3時間2分 2007円)

登戸から乗る小田急線の新松田行きは新宿始発なので、新宿方面から行きたい人も早い時間に到着したいなら高速バスより電車の方が良いでしょう。

本日のルート

Total distance: 5908 m
Total time: 03:42:16

乙女峠バス停へ

12月12日、立川→登戸→新松田…松田→御殿場と乗り継いで御殿場駅へ。

途中松田駅ホームから見えた富士山。ちょうど朝日が昇って赤くなるタイミングでした。

朝の松田駅から見える富士山
図1: 朝の松田駅から見える富士山

07:25御殿場駅着。

御殿場駅の改札を出て右。箱根乙女口に降ります。

御殿場駅 箱根乙女口
図2: 御殿場駅 箱根乙女口

バス停は左手一番奥にある1番乗り場。スマホで検索した乗り換え案内では天悠行きとあるのですが止まっているのは宮城野営業所前行き。天悠行きなんてものは影も形もありません。宮城野営業所ってどこ……? 運転手さんいないし……。

御殿場駅 箱根乙女口 1番バス乗り場
図3: 御殿場駅 箱根乙女口 1番バス乗り場

と、しばらくウロウロしていたら運転手さんが戻ってきたので乙女峠に行きたいと聞いてみるとこのバスで行けるとのこと。なので安心して乗車しました。前乗り前降りSuica対応。

07:33 御殿場駅箱根乙女口バス停発。

御殿場インター等を経由してバスは山の中へ。つづら折りの道を上りながら乙女峠へ向かいました。

箱根登山バス車内 乙女峠の直前
図4: 箱根登山バス車内 乙女峠の直前

乙女峠バス停→乙女峠

07:50 乙女峠バス停着。

乙女峠バス停着
図5: 乙女峠バス停着

乙女峠バス停から見える富士山
図6: 乙女峠バス停から見える富士山
乙女峠バス停で走り去るバス
図7: 乙女峠バス停で走り去るバス

こんなところに下ろされましても……。登山口はどっちかな?

地図を見ると、トンネル方向(バスが去って行った方向)の左手側から登っていくようです。

07:51 乙女峠バス停発。

歩いて行くとすぐに標識。右の方に「乙女展望台 乙女の鐘」という看板がありますが、そちらではありません。

乙女峠バス停から登山口へ
図8: 乙女峠バス停から登山口へ

鎖で塞がれていますがこれは車を止めるためのものでしょう。

鎖で塞がれている入口
図9: 鎖で塞がれている入口

地図だとこの右から上に登れるように見えますが実際には道が見当たりません。

標識に従って左の方へ進んでいくと、この先看板右折と書いてあります。

乙女・金時登山口 この先 看板 右折
図10: 乙女・金時登山口 この先 看板 右折

標識。右の方に狭いですが登山道があります。

乙女・金時登山口
図11: 乙女・金時登山口

07:57 乙女・金時登山口通過。

乙女・金時登山口 狭い入口
図12: 乙女・金時登山口 狭い入口

少し登ると右の方に立ち入り禁止の看板が。入口から右に登るルートは何らかの理由で塞がれているみたいですね。

乙女・金時登山口からすぐの通行止め
図13: 乙女・金時登山口からすぐの通行止め

すぐ近くにある標識。乙女峠まで25分、金時山まで75分。

乙女・金時登山口からすぐの標識
図14: 乙女・金時登山口からすぐの標識

所々岩がごろごろしている場所もありますが全体的には特に歩きづらいこともない普通の登山道です。そこそこちゃんと整備されていて人気の高さを窺わせます。

岩多めな登り坂
図15: 岩多めな登り坂

コンスタントにダラダラと登りが続いていきます。運動不足の体にはこんなのでも十分堪えます。ハアハアいいながら所々立ち止まって写真をパシャパシャ撮りながら登っていきます。

岩少なめな登り坂
図16: 岩少なめな登り坂

山側斜面注意の看板。落石でもあるのでしょうか?

この先「山側斜面」注意
図17: この先「山側斜面」注意

08:09 あっという間に中間点の標識。これは思っていた以上に短い?

バス乗り場から乙女峠の中間地点
図18: バス乗り場から乙女峠の中間地点
沢?を横切る
図19: 沢?を横切る
木で組まれた足場
図20: 木で組まれた足場
丸太の階段
図21: 丸太の階段
大きめな岩
図22: 大きめな岩
木で組まれた足場(二つ目)
図23: 木で組まれた足場(二つ目)
大きめな岩が転がる坂道
図24: 大きめな岩が転がる坂道
空が明るくなった坂道
図25: 空が明るくなった坂道
乙女峠手前の坂道
図26: 乙女峠手前の坂道
乙女峠が見えてきた
図27: 乙女峠が見えてきた

08:23 乙女峠着。

乙女峠着
図28: 乙女峠着

下の標識からぴったり25分。バス停からは32分でした。ヤマケイのコースタイムが40分なのでここの標識は少し厳しめな気がしますね。

乙女峠

乙女峠 標高1105m。

そこにあるのは乙女峠と書いている大きな看板、展望台、それから撮影用の台でしょうか?

乙女峠 展望台、撮影台、看板、富士山
図29: 乙女峠 展望台、撮影台、看板、富士山

ちょっと霞んでいますが今日はしっかり富士山が見えます。街並みも良く見渡せます。富士山の方向がほぼ御殿場駅の方向のはず。

乙女峠から見える一番大きな富士山
図30: 乙女峠から見える一番大きな富士山

「乙女」で切り取ってみた写真。

右に乙女峠看板を配した富士山
図31: 右に乙女峠看板を配した富士山

何となく奇をてらってみたもののいまいちな写真。

乙女峠 檻の中の富士山
図32: 乙女峠 檻の中の富士山

展望台の手前の台(おそらく撮影台)に上って撮った写真。記念撮影に使えるかも?

乙女峠 撮影台からの展望台、看板、富士山
図33: 乙女峠 撮影台からの展望台、看板、富士山

隣に落書きのある廃屋が。乙女茶屋というお店だったらしいのですが……。

乙女峠にある落書きされた建物
図34: 乙女峠にある落書きされた建物
乙女峠全体
図35: 乙女峠全体

乙女峠→金時山

08:29 乙女峠発。

金時山まで50分の標識。

乙女峠標識
図36: 乙女峠標識

出発してすぐの所に休憩所(ベンチとテーブル)があります。

乙女峠からすぐの休憩所
図37: 乙女峠からすぐの休憩所
乙女峠休憩所
図38: 乙女峠休憩所

見晴らしは良さそうですがガスと逆行でよく見えませんでした。

乙女峠休憩所からの眺望
図39: 乙女峠休憩所からの眺望

それを過ぎると長い上り坂が続きます。

乙女峠から長尾山の登り坂
図40: 乙女峠から長尾山の登り坂

案外急です。

階段状の道
図41: 階段状の道
急な坂道
図42: 急な坂道
階段状の道
図43: 階段状の道

一瞬なだらかになったと思いきやまた登り坂に。

乙女峠から長尾山の緩やかなひととき
図44: 乙女峠から長尾山の緩やかなひととき
乙女峠から長尾山の登り坂
図45: 乙女峠から長尾山の登り坂
乙女峠から長尾山の登り坂
図46: 乙女峠から長尾山の登り坂
長尾山の手前
図47: 長尾山の手前

08:44 長尾山通過。

長尾山
図48: 長尾山
長尾山の標識(乙女峠まで10分、金時山まで35分)
図49: 長尾山の標識(乙女峠まで10分、金時山まで35分)
長尾山のベンチ(?)
図50: 長尾山のベンチ(?)

長尾山を過ぎるとしばらくはなだらかな道が続きます。らくちーん!

長尾山からしばらくなだらかな道
図51: 長尾山からしばらくなだらかな道

尾根沿いの道を進みます。

尾根沿いの道
図52: 尾根沿いの道

左手の林が薄くなって左を向けば富士山が見えるようになってきました。

左手林の先に見える富士山
図53: 左手林の先に見える富士山

と、ここで下り坂。

長尾山~金時山 下り
図54: 長尾山~金時山 下り

ずんずん下っていきます。

長尾山~金時山 下り
図55: 長尾山~金時山 下り
長尾山~金時山 下り
図56: 長尾山~金時山 下り

林の向こうに小高い山が二つ。

林の奥に山が二つ見える
図57: 林の奥に山が二つ見える

おそらくあそこまで行くんでしょうね……。こうしてみると結構遠い。

それでもどんどん下ります。

どんどん下る
図58: どんどん下る
狭い尾根の先、林の奥の山
図59: 狭い尾根の先、林の奥の山
狭い尾根道
図60: 狭い尾根道

道の左右は草木に覆われていますがかなり急峻な崖になっています。十分な道幅があるので一人で歩いている分には全く落ちる気はしませんが、多人数できてよそ見したりふざけたりしていると危ないかもしれません。

コース両側崖注意看板
図61: コース両側崖注意看板

ハイカーのみなさんへ

金時山は、昔は猪鼻嶽と呼ばれた急峻で岩場の多い山です。特に頂上付近の尾根筋では、コースの両側が切り立った深いガケで、大変危険です。 コースをはずれたり、走ったり、ふざけたりは絶対にしないでください。

箱根町

登り坂が見えてきた
図62: 登り坂が見えてきた
金時山への登り返し
図63: 金時山への登り返し
道幅の狭い尾根上を歩く
図64: 道幅の狭い尾根上を歩く
左右は草木に覆われているが切り立った崖
図65: 左右は草木に覆われているが切り立った崖
登りが続く
図66: 登りが続く
登りが続く
図67: 登りが続く
唐突になだらかに道が現れる
図68: 唐突になだらかに道が現れる
明るいなだらかな道
図69: 明るいなだらかな道
右手側に眺望あり
図70: 右手側に眺望あり
長尾山→金時山 右手側(箱根方面)の眺望
図71: 長尾山→金時山 右手側(箱根方面)の眺望
林の奥の山が少しは近づいてきた
図72: 林の奥の山が少しは近づいてきた
登り坂
図73: 登り坂
柵のある道
図74: 柵のある道
登り坂
図75: 登り坂
ロープで塞がれている元登山道
図76: ロープで塞がれている元登山道
ロープ沿いに進む
図77: ロープ沿いに進む
遠くに建物が見えてきた
図78: 遠くに建物が見えてきた
金時山の看板が見える
図79: 金時山の看板が見える
金時山の直前
図80: 金時山の直前
金時山の直前
図81: 金時山の直前
金時山の直前
図82: 金時山の直前
金時山の直前
図83: 金時山の直前
金時山到着
図84: 金時山到着

09:18 金時山着。

長尾山から34分、乙女峠から49分。すごい、ほぼ標識通りだ! ヤマケイのコースタイムだと40分、60分なのでやっぱり標識は少し厳しめかも?

金時山

ちゃんと富士山が見えました!!

金時山の定番ショット
図85: 金時山の定番ショット

金時山といえばこの看板でしょう。「天下の秀峰 金時山 標高1212m 静岡県小山町」と書かれています。標高の所に何かを貼った跡があるのは、2014年に標高が1213mから改定されたからだと思います。

金時山看板(小山町)
図86: 金時山看板(小山町)

展望盤。

展望盤と富士山
図87: 展望盤と富士山

金太郎的な山頂標識。こちらは神奈川県箱根町のものみたいです。

箱根町の山頂標識
図88: 箱根町の山頂標識

石の祠。

石の祠
図89: 石の祠

公衆トイレはチップ制(100円)。

金時山山頂公衆トイレ
図90: 金時山山頂公衆トイレ
乙女峠方向
図91: 乙女峠方向
展望盤と富士山
図92: 展望盤と富士山
金時山案内板(小山町)
図93: 金時山案内板(小山町)
金時山案内板(小山町観光協会)
図94: 金時山案内板(小山町観光協会)

山頂に立つ茶屋は二軒あります。金太郎茶屋と金時茶屋。

比較的新しくて既にお客さんが入っていたのが金太郎茶屋。

金太郎茶屋
図95: 金太郎茶屋

一方金時茶屋は薄暗くて営業しているかよく分かりませんでした。事前の情報によるとこの金時茶屋には名物のなめこ汁があるのだとか。

金時茶屋
図96: 金時茶屋

迷ってウロウロしていると南の方から灰色の雲が流れてきて富士山が見えなくなったりまた現れたり。

灰色の雲に隠されんとする富士山
図97: 灰色の雲に隠されんとする富士山

急に風も強くなり辺りは霧に包まれ一気に寒くなってきました。

意を決して金時茶屋に入ってみるとストーブのそばに座っている年老いた女性が一人。

声をかけると、どこからきなすった? 東京から? ようきなすった。そこに座って休んでいきなさい、と。

営業しているのか聞くと調理師が来ないとできないとのことでした。昔は自分でやっていたが今は他の人に任せているとのこと。

この女性、名を金時娘といいもう70年以上もこの茶屋の看板娘をやっているのだとか。しかし最近は大腿骨を骨折して歩けず下でリハビリをしていたのですが、明日のお祭りのために昨日ここに上がってきたのだとか。

名物のなめこ汁があると聞いてきたと言うと、味噌汁くらいならと言って立ち上がって足を引きずりながらゆっくり厨房に移動を始めてしまうではありませんか!

びっくりしながらオロオロしてると、まぁ、座って少し待ってて、と。

……と、まぁ、そんな調子でしばらくして出てきたのがこちら。

丼一杯に入ったなめこのみそ汁(500円)。

大粒ナメコ入りきのこのみそ汁(500円)
図98: 大粒ナメコ入りきのこのみそ汁(500円)

うはぁ……温まる……。

外は強い風が吹いていて時々隙間風を感じて寒かったので大変ありがたい。

結構ボリュームがあるので時間をかけていただきました。

明日は毎年開催されている山祭りの日(改定前の標高1213mにちなんで12月13日)で山男山女が集まって餅つきをするのだとか。

うーん、これは明日来れば良かったかな。

食べ終わってしばらくすると天気も回復し再び青空が見えるようになってきました。

上で片付けしてくるからもう少し休んでいきなさいとのことでしたが、私もそろそろ予定の時間だったので御礼を言って茶屋を後にしました。

金時娘は元気になったと伝えてくれとのことでした。

外に出ると富士山の左側に相変わらず灰色の雲が。この後も曇ったり晴れたりしていたようでした。

時々雲に隠れる富士山
図99: 時々雲に隠れる富士山

茶屋の近くにあった施設。運搬用のリフトがあると言っていたのでたぶんこれのことでしょう。

運搬用リフト(?)
図100: 運搬用リフト(?)

金時山→仙石バス停

10:19 金時山発。仙石原へ向かいます。

金時山周辺コース案内図(箱根町)
図101: 金時山周辺コース案内図(箱根町)

仙石原まで55分との標識。

金時山箱根町側標識
図102: 金時山箱根町側標識

結構急な下りが続きます。

金時山から仙石原へ下りる
図103: 金時山から仙石原へ下りる

今回一番降りづらかった段差。後ろ向きになって降りました。

かなり降りづらい段差
図104: かなり降りづらい段差

続々と登山客の一団が登ってきたので景色を見ながらやり過ごしました。この辺りで何組かとすれ違いましたが、その後はほとんど誰とも会いませんでした。バスの到着時間によるものでしょうか。

景色を眺めながら団体の通過を待つ
図105: 景色を眺めながら団体の通過を待つ

芦ノ湖方面はずっと曇り空でした。

芦ノ湖が見える
図106: 芦ノ湖が見える
急な下り階段が続く
図107: 急な下り階段が続く
急な下り階段が続く
図108: 急な下り階段が続く
分岐が見えてきた
図109: 分岐が見えてきた

10:40分岐通過。右に行くと金時神社、まっすぐ行くと矢倉沢峠を経由して仙石原へ(40分)。

金時山、金時神社、矢倉沢峠分岐
図110: 金時山、金時神社、矢倉沢峠分岐

女性の二人組が金時山まで20分は無理でしょう下りならば行ける? と話してました。実際私は下りで20分かかってますね……。

ずーっと一貫して下りです。登りは無かったと思います。ということは逆から登るとずーっと登りなんですね。それはそれで効率が良さそう。

鎖の柵がある道
図111: 鎖の柵がある道

狭い尾根道。でもちゃんと歩きやすいのが良いですね。もちろん左右は急な崖です。

なだらかな尾根道
図112: なだらかな尾根道
カーブしながら下る尾根道
図113: カーブしながら下る尾根道
下り坂
図114: 下り坂
下り階段
図115: 下り階段

遠くに綺麗な一本の道が見えます。ああいう道を歩きたいですよね。

遠くに見える尾根沿いの道
図116: 遠くに見える尾根沿いの道

地図を見るとこの先の矢倉沢峠で分岐して明神ヶ岳の方へ続いている様子。ついつい寄りたくなってしまいますが、向こう側に降りるまでには案外距離があるみたいだったので我慢しました。

道沿いに大きな岩
図117: 道沿いに大きな岩
角張った大きな岩
図118: 角張った大きな岩
明神ヶ岳へ続く分岐が見える
図119: 明神ヶ岳へ続く分岐が見える
階段を下る
図120: 階段を下る
山頂にトイレありの看板
図121: 山頂にトイレありの看板
矢倉沢峠のテーブル&ベンチ?
図122: 矢倉沢峠のテーブル&ベンチ?

10:58 矢倉沢峠うぐいす茶屋跡通過。

矢倉沢峠うぐいす茶屋
図123: 矢倉沢峠うぐいす茶屋

10:59 矢倉沢峠の分岐。仙石原まで30分。前の標識から約20分なのでほぼ標識通りでしょうか。

矢倉沢峠分岐
図124: 矢倉沢峠分岐
矢倉沢峠分岐の標識
図125: 矢倉沢峠分岐の標識

背の高い木が多くなってきました。

森林の中下る
図126: 森林の中下る
ごく普通の登山道
図127: ごく普通の登山道
背の高い木々に囲まれて歩く
図128: 背の高い木々に囲まれて歩く
矢倉沢峠~金時登山口
図129: 矢倉沢峠~金時登山口
矢倉沢峠~金時登山口
図130: 矢倉沢峠~金時登山口
曲がり角の標識
図131: 曲がり角の標識
矢倉沢峠~金時登山口
図132: 矢倉沢峠~金時登山口
矢倉沢峠~金時登山口
図133: 矢倉沢峠~金時登山口
側溝のある階段
図134: 側溝のある階段
側溝のある階段(終点)
図135: 側溝のある階段(終点)

側溝のある階段を下って突き当たりを右に曲がるとすぐに登山口に着きました。

登山口直前標識
図136: 登山口直前標識
登山口直前
図137: 登山口直前

11:14 金時山登山口(矢倉沢口)通過。

金時山登山口(矢倉沢口)
図138: 金時山登山口(矢倉沢口)
ハイキングコース案内図
図139: ハイキングコース案内図

ここからはバス停へ向かいます。

舗装された道を下る
図140: 舗装された道を下る

標識に従って進んでいくと金時登山口バス停に着きます。

標識
図141: 標識
まっすぐ進む
図142: まっすぐ進む
金時山ハイキングコース案内板
図143: 金時山ハイキングコース案内板

11:22 金時登山口バス停着。金時山から1時間3分でした。

金時登山口バス停
図144: 金時登山口バス停

時刻表は張り紙が貼ってあってよく分かりません。

金時登山口バス停(時刻表)
図145: 金時登山口バス停(時刻表)

検索してみると新宿への高速バスに乗って帰るのが一番分かりやすそうでしたが、何となく今日は箱根湯本の方へ下りてそこから電車で帰るつもりでした。

とりあえず仙石バス停まで行った方が選択肢が広がるようなのでそちらに向かいました。

近くにトイレがあったので寄ってから11:27出発。

仙石バス停へ
図146: 仙石バス停へ

仙石バス停は金時登山口バス停から東へ数分行ったところにあるのですが、バス乗り場が分散していて分かりにくいです。

11:33 仙石バス停4番乗り場着。

仙石バス停(3・4番乗り場)
図147: 仙石バス停(3・4番乗り場)

仙石バス停→箱根湯本駅

NAVITIMEで自宅へのルートを検索すると台風19号の影響で運休している箱根登山鉄道を勧めてくる始末。

箱根登山バスのサイトにあるのりかえ案内を使って検索すると、仙石バス停から箱根湯本駅行きに乗れと出てきます。しかし仙石バス停4番乗り場には桃源台線 箱根湯本駅行きという表示はあっても時刻表には影も形もありません。

仙石バス停4番乗り場時刻表
図148: 仙石バス停4番乗り場時刻表

11:44 宮城野営業所前行きというバスが来たので運転手に尋ねてみると、このバスに乗って終点で乗り換えろとのこと。いや、だから宮城野営業所ってどこ……。

とりあえず言うとおりに乗って 11:45 仙石バス停発。

バスはアップダウンの激しい道をぐねぐね曲がりながら進んでいきます。途中硫化水素臭の漂う場所もあってかなり気持ち悪くなってしまいました。

12:12 宮城野営業所前着。

宮城野営業所前バス停1番乗り場
図149: 宮城野営業所前バス停1番乗り場

宮城野営業所(みやぎのえいぎょうしょ)は強羅駅から少し下ったところにありました。

宮城野営業所前バス停1番乗り場時刻表
図150: 宮城野営業所前バス停1番乗り場時刻表

12:35 宮城野営業所前発。

乗ったのは箱根湯本駅経由の小田原駅行きでした。小田原まで行ってそこで乗り換えても良かったのですが、箱根湯本駅に着いた時点で少し気分が悪かったので下りて電車で帰ることに。

12:51 箱根湯本駅着。

箱根湯本駅着
図151: 箱根湯本駅着
箱根湯本駅
図152: 箱根湯本駅

小田原を経由して小田急線快速電車で帰宅しました。

箱根湯本駅ホーム
図153: 箱根湯本駅ホーム

感想

今回はちゃんと見られました富士山。少し霞んでいましたが前回よりは断然良いです。

金時山といえばこの看板と富士山の写真がインパクト強すぎて他の構図にできないかなと考えたのですが、結局表紙はこの写真にしました。

コースは距離が短いものの山登りの要素が色々と含まれていてそれでいてこの景色とアクセスの良さですから人気があるのもうなずけます。

今回は乙女峠バス停から登って金時登山口バス停へ降りましたが、後半富士山が見られなくなってしまうのは少し寂しい気がしました。金時山~乙女峠の区間は最後のバス停も含めてよく富士山が見えるので、富士山目当てであれば乙女峠を後半に持ってきた方が後味が良さそうです。もちろん最後まで天気が持てばの話ですが。

逆に金時登山口・仙石原へ降りるなら周辺で観光を含めたくなりますよね。今回は台風の影響で交通がよく分からないことになっていましたし、バス酔いで気持ち悪くなったり体調が良くなかったのでさっさと帰りました。

この冬は体力維持・増進のため1~2週間に1回のペースでどこかに行こうと思っているのですが、正直そのくらいでは効果が無いような気がします。やはり毎日トレーニングをしないとダメでしょうか……。

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ 人気ブログランキング
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です