雪残る山開き直前の磐梯山(ペンション送迎、八方台登山口→猪苗代登山口)

2022年05月17日(火)~19日(木)、福島県の磐梯山と安達太良山に行ってきました。

きっかけ

きっかけは2019年に裏磐梯に行ったこと。

秋の裏磐梯、庄助キャンプ場(小野川湖)と中瀬沼・レンゲ沼・五色沼・桧原湖

磐梯山は周辺からポッコリ一つそびえ立って見える独立峰。頂上には360度のパノラマ風景が広がっています。すぐ南には猪苗代湖、北には裏磐梯の湖沼群があるのですから景色が良いのは当然でしょう。もちろん周囲の山々を全方位見渡すことも出来ます。

標高は1816m。5月には雪がほとんど無くなり雪山登山をやらない人にとっていち早く登れるようになる山の一つです。

そして5月下旬は田植えの季節。猪苗代湖と磐梯山に挟まれた猪苗代地区。その水田に水が張られると鏡のように空が反射してとても綺麗なのだとか。

是非ともそれを見に行きたいということで5月下旬~6月上旬に行く計画を立てていたのですが、今年は5月に入ってグズついた天気が続くようになってきました。いつ梅雨入りするのか、梅雨の間の晴れ間はあるのかもよく分かりません。2~3日ほど天気が良くなるタイミングが見えたので少し早いですが我慢しきれずに行ってしまいました。

アクセスは宿の送迎がおすすめ

磐梯山は公共交通機関でのアクセスが多少悪い山です。

一番難易度の低い「八方台登山口」にはバスが通っていません。東側の登山口(渋谷、川上)は猪苗代駅から裏磐梯へ行くバスが通りますが難易度は比較的高いと聞きます。

公共交通機関のみで最も行きやすい登山口は、南側の猪苗代登山口ではないでしょうか。猪苗代駅から猪苗代登山口まで4.4km 徒歩1時間9分(NAVITIME調べ)で行けるようです。夜行バスで猪苗代駅まで行きタクシーで登山口まで行く人もいるようです(注意: 2022年5月現在、猪苗代駅行きの夜行バスは運休しているようです)。

北側の裏磐梯登山口から行く方法もあります。裏磐梯登山口のすぐ近くには三つのホテルがあります(裏磐梯レイクリゾート 迎賓館本館裏磐梯高原ホテル)。そのいずれかに宿泊して翌日朝早く出発するという方法です。欠点としては比較的距離が長いコースとなることでしょうか。

付近の宿を調べていたところ、いくつか登山口への送迎について言及している所を見つけました。

その時々の事情もあるでしょうし確実なことはネットでは分からないのでめぼしい宿をリストアップして電話で相談すると良いでしょう。

私は一つ目に電話した宿が休館のため予約が出来ず、二つ目に電話したペンションぽぽんたで八方台登山口まで送ってくれるということで予約しました。

なお、猪苗代駅へのアクセスは昼行の高速バス、夢街道会津号を利用しました。

ルート

1日目(自転車)

合計距離: 23847 m
総所要時間: 03:31:26

2日目(八方台登山口→猪苗代登山口)

合計距離: 11160 m
総所要時間: 06:50:16

1日目の様子

高速バスで新宿から猪苗代駅へ

2022年5月17日(火) 朝6時過ぎ、新宿にやってきました。

20220517_060804210.jpg

乗車するのはバスタ新宿7:30発の高速バス。まだ時間があるので近くのウェンディーズ ・ファーストキッチン新宿南口店で朝食にしました。

20220517_061428227.jpg

6:32 バスタ新宿着。

20220517_063224720.jpg

ファミリーマートで飲み物を購入。

20220517_063518848.jpg

乗車するのは7:30発 夢街道会津1号 会津若松行きです。前日にWEBから予約・決済済みです。

20220517_063854505.jpg

乗車場所はA3。

20220517_064005596.jpg

7:21 乗車開始。前回と同じJRバス関東の車両です。

20220517_072117759.jpg
20220517_072258814.jpg

このバスの特徴はUSB-A端子が付いていること。ACアダプタは使えません。最近は充電器と携帯デバイスが共にUSB-Cの場合が増えているので、その場合はUSB-Aから充電できるケーブルを持っていくと良いでしょう。

20220517_072320476.jpg

バスは7:30定刻通りバスタ新宿を出発。

一般道を走り王子でさらに乗客を乗せて高速道路に入ります。乗客は最終的に15人程度だと思います(運転手が乗客を数えるのを聞いた限り)。座席は半分以上空いています。

20220517_080251081.jpg

08:48 羽生パーキングエリアで休憩。

20220517_084919374.jpg

ずんだシェイク。

20220517_085420063.jpg

09:03 羽生パーキングエリア発。

左手に見えるのは何の山でしょうか。

20220517_100953197.jpg

10:32 阿武隈パーキングエリア着。

20220517_103314816.jpg

10:42 阿武隈パーキングエリア発。

トンネルをいくつか抜けると磐梯山が見えてきます。

20220517_112956420.jpg
20220517_113306410.jpg

11:37 猪苗代駅着。新宿から4時間7分、運賃は4600円でした。

20220517_113759701.jpg

ちなみに新幹線を使うと新宿8:26→10:52猪苗代駅で2時間26分、運賃は7480円となります。

自転車で猪苗代を見て回る

バス停の目の前にある猪苗代観光協会で電動アシスト自転車を借りました。

20220517_114712411.jpg
20220517_115817171.jpg

午後4時までで1000円(非電動は500円)。身分証明書の提示が必要です。

2022レンタサイクル猪苗代「いなチャリ」のご案内 – 猪苗代観光協会【公式ホームページ】

時刻は11:48。とりあえずお昼ご飯を食べに行きましょう。北へ。

20220517_115224101.jpg

途中で通過したセブンイレブン 猪苗代駅通り店。

20220517_115322024.jpg

駅から一番近いコンビニです(徒歩11分 950m)。

この辺りはどこの店に行くにも距離があるので徒歩で回るのはちょっと厳しいですね。

リオン・ドール 猪苗代店。食料品なども扱っているスーパーのようです。

20220517_115618699.jpg

11:57 喜多方ラーメン来夢猪苗代店着。

20220517_115751552.jpg

駅前で喜多方ラーメンで検索して出てきたお店です。

ライムと読むのでしょうか。そういえば先日白馬で昼食を取ったのが来夢来人(ライムライト)でしたね。関係ないですけど。

当店人気No.1とのことなので喜多方チャーシュー麺(1080円)を注文。

20220517_120457816.jpg

少し太めな縮れ麺。私はもう少し硬くて細い麺の方が好きかなぁ。

お店の裏にあったヨークベニマル 猪苗代店。こちらもスーパーのようです。

20220517_122205741.jpg

付近には他にも100円ショップ、ドラッグストア、ホームセンター等もあるようです。猪苗代の中心街なのでしょうね。

12:22 来夢発。12:23 セブンイレブン 猪苗代バイパス店着。目と鼻の先にあるコンビニです。

20220517_123312157.jpg

ここで明日のお昼ご飯と飲み物、お菓子を購入しました。

12:33 セブンイレブン発。

今度は南下して猪苗代湖の方へ行ってみようと思います。

12:35 和食レストランまるまつの前を通過。和食レストランというと夢庵とかそういう系統でしょうか? 手頃な値段のランチもあるみたい。

20220517_123517400.jpg

国道115号の左右には田園が広がっています。

20220517_123718546.jpg

12:38 幸楽苑の前を通過。遠い地で馴染みのあるチェーン店を見るとある意味ホッとしますね。

20220517_123840587.jpg

水に映った電柱群。

20220517_123917943.jpg

もちろん磐梯山も水田に映ります。

20220517_123949176.jpg

でも天気はイマイチ。今日は午後には天気が回復する予報だったのですが、結局夜までしつこく雲が残りました。

20220517_124051708.jpg

水田の間を走る単線の線路。

20220517_124135520.jpg
20220517_124234198.jpg

苗を植えてもまだ水鏡は健在です。稲が成長すると見えなくなってしまいますがいつ頃になるのでしょうか。成長した稲が広がる景色はそれはそれで綺麗ですが。

20220517_124451178_PANO.jpg

12:48 大きな施設が現れました。ちょっと寄ってみましょう。

20220517_124819848.jpg

12:50 道の駅猪苗代着。

20220517_125056215.jpg

道の駅猪苗代ホームページ

物産店はもちろん飲食店も複数入っていますし観光案内もやっていました。喜多方ラーメンはここでも食べられたみたいですね。

20220517_125317976.jpg
20220517_125428906.jpg
20220517_125713167.jpg

自転車はどこに止めたら良いのか分からなかったのでオートバイ置き場の隅に置いておきました。

20220517_131020321.jpg

13:11 道の駅猪苗代発。すぐ南に猪苗代湖が見えます。

20220517_131249758.jpg

でも湖岸までは農地が広がっていて少し距離があります。

20220517_131513527.jpg

農道を通っていいのかよく分からなかったので国道49号を西へ。

20220517_131832939.jpg

田んぼのそばにちらほらとお社を見かけます。

20220517_132243118.jpg
20220517_132733556.jpg

サイクルセンターと書かれた看板が左を向いています。

20220517_133012751.jpg

ならば遠慮無く行ってみましょう。

20220517_133016716.jpg
20220517_133139310.jpg

少し消えかかっていますが「ここは自転車専用道路です。」と書かれています。

20220517_133203853.jpg

道路の脇には猪苗代湖が見えるベンチや東屋が整備されていました。

20220517_133306085.jpg

磐梯山の方を振り返ったところ。

20220517_133331401.jpg

Google Mapsにはポケットパークとして登録されていますね。

すぐ近くにある建物がサイクルセンターのようです。

20220517_133443445.jpg

中は休憩スペースで誰もいませんでした。「只今巡回中です」と書いてあって管理人の携帯電話の番号も書いてあります。直前に車に乗った人が出て行ったのでその人が管理人だったのかもしれません。

20220517_133651751.jpg

トイレもあります。

20220517_133745306.jpg

サイクリングロード案内図。

20220517_133545390.jpg

あー、道の駅から(国道115号を)南下して左(東)に曲がれば良かったんですね。白鳥浜まで行けばここまでサイクリングロードを走ってこられました。途中の川には橋も架かっているようです。でも今から戻るのは嫌かなぁ。

サイクルセンターの説明。平成5年~8年というともう結構前ですね。

20220517_133639455.jpg

公式サイト(?):

サイクルセンター | @イナワシロ【緑の村】一般財団法人猪苗代町振興公社

猪苗代湖で自転車と言えば猪苗代湖一周(イナイチ)というのも聞いたことがあります。

イナイチ(猪苗代湖一周) | ふくツー|Cycle Trip Fukushima

イナイチ(猪苗代湖一周)に見る行政対応の典型的なNGパターン(全国の自転車に関わる行政の方はぜひ見てください) – LinkTOHOKU LLC

「イナイチ」売り込み、連携いまいち 猪苗代湖一周サイクリングコース、自治体に温度差 | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS

私は以前人に誘われて霞ヶ浦一周100kmのコースを走ったことがありますが、延々長時間走り続けなければならないのでなかなか大変でした。

ミニマムな一周62kmならまだアリかなと思いますが大外回って80kmは大変そうですね。いや、猪苗代湖は湖岸に近づくとアップダウンがあるからそれを回避しているのでしょうか。でもそれだと湖が見えない所を延々走ることになってしまいますね。ゆっくり観光スポットやお店を巡る余裕も無いでしょうし、何だか走る意義が分からなくなってきます。ロード乗りのチャレンジ的なものならむしろアップダウンがあった方が好まれそう。結局は猪苗代湖の地形的特性に無理があるのかもしれません。何か魅力のあるところだけ部分的に走れるようになっていると良いのですが。

20220517_133826381.jpg
20220517_133855900.jpg

猪苗代湖の北岸は水環境保全区域に指定されているようです。湖岸を開発する余地はあまり無いのでしょうね。

20220517_134003510.jpg
20220517_134006284.jpg
20220517_134224382.jpg
20220517_134249094.jpg
20220517_134328685.jpg

13:47 野口英世記念館を通過。

20220517_134727184.jpg

公益財団法人 野口英世記念会

全く興味が無いわけでも無いのですが、今日の所はスルー。また来たときにでも。

通りかかった時に車が一杯止まっていたカフェ。

20220517_134839577.jpg

これでしょうか。悪く無さそう。

20220517_134945270.jpg
20220517_135108996.jpg

うーん、なかなか湖の近くに降りられる場所がありません。

20220517_135854360.jpg
20220517_135859941.jpg

この辺は降りられそうかな。

20220517_135947469-PANO.jpg

白鳥がいます。

20220517_140121722.jpg

14:02 長浜着。

20220517_140234289.jpg

お、ちょうど良い所に白鳥と遊覧船が。

20220517_140342106.jpg

くちばしの色や体型なんかはそっくりですね。冠は被っていませんけど(笑)

20220517_140359696.jpg

山中湖にも似たようなものがあったと思いますが関係があるのでしょうか。

20220517_140449358.jpg

もちろん砂浜です。

20220517_140519001.jpg
20220517_140723740.jpg

駐車場があって公衆トイレもあります。

20220517_140826832.jpg

近くには天鏡閣という何かの観光スポットもありましたが急坂の上だったので止めておきました。これもまた機会があったら。今日は大ざっぱに町を把握する程度で行こうと思います。

14:10 長浜発。戻ります。

20220517_141049693.jpg

電動アシスト自転車のバッテリーはまだ余裕があります。

20220517_141335912.jpg
20220517_141454226.jpg
20220517_141704356.jpg

このまま来た道を戻るのもつまらないので左に逸れて翁島駅の方へ行ってみました。

20220517_142012094.jpg
20220517_142156344.jpg

少しアップダウンがある道でしたが電動アシスト自転車のおかげで何の苦も無く進めました。

20220517_142307072.jpg

ヤマザキショップ。リカーショップうかわという酒屋さん?なのでしょうか。

20220517_142754176.jpg
20220517_142824490.jpg

14:29 翁島駅着。無人駅です。

20220517_142951145.jpg
20220517_142947421.jpg
20220517_143009940.jpg

線路を越えて北側へ。

20220517_143132655.jpg
20220517_143143360.jpg
20220517_143259351.jpg

近くに磐梯山眺望箇所というのがあるみたいなので行ってみました。

20220517_143512361.jpg

道路の脇にベンチと地図が設置されています。

20220517_143604790.jpg
20220517_143631803.jpg

うん、正直この辺りならどこから見ても大差無いと思います。ちなみに翁島登山口から山頂へのコースは正面の谷間の左側を登っていくそうです。

20220517_143701809.jpg

すぐ近くの田んぼには今まさに水が注がれている最中でした。

20220517_144235548.jpg

14:48 さて、そろそろ猪苗代駅の方へ向かいますか。

20220517_144810354.jpg

ペンションぽぽんたの看板の前を通過。本日の宿はここですが、自転車を返さないといけませんからね。

20220517_145220612.jpg

近くにセブンイレブンがあります。宿の方の話だと、翌日登山口に行く前にここで買い出しをすることも出来るとのことでした。ぽぽんたではお弁当を作れないので必要な方にはそうしているそうです。

20220517_145453938.jpg
20220517_150452916.jpg

水田の間を通る道を進んでいきます。

20220517_150841115-PANO.jpg
20220517_151024534.jpg
20220517_151454807.jpg

駅のすぐ近くにある古びた大きな建物が見えてきました。Google Mapsには猪苗代観光協会倉庫(レンタサイクル置き場)と書いてあります。確かに窓の中に自転車が見えます。

20220517_151659967.jpg

元々何の建物だったんでしょうね。学校か何かでしょうか。

15:19 猪苗代駅前の猪苗代観光協会着。中に入って自転車返しに来たんですけど~と言うとそのまま置いておいて大丈夫ですとのことでした。

20220517_151938165.jpg
20220517_151948752.jpg
20220517_151944663.jpg

ペンションぽぽんた

15:20 猪苗代駅着。

20220517_152418573.jpg

さて、宿の方とは16:00に猪苗代駅で待ち合わせることになっています。ちょっと早かったですね。もう少し自転車で行く場所を見繕っておければ良かったのですが、まぁ、次回機会があれば今回の経験をベースに考えましょう。

20220517_154617931.jpg
20220517_155257036.jpg
20220517_155337373.jpg

駅に張り出されていた徒歩散策コース。

20220517_155516753.jpg

散策コースが三つ紹介されています。二つは猪苗代駅の北側を歩くコースで神社を選ぶかスキー場からの眺めを選ぶかが違うだけです。もう一つのコースは裏磐梯でゴンドラに乗るコース。分かりづらい。右側の順路図、一つ目と二つ目を逆にした方が良いのではないかと……。

16時前に宿の方と合流。もう一人の方もすぐに来て車で宿に行きました。

20220517_155931629.jpg

16:10頃ペンションぽぽんた着。今日の宿泊客は私ともう一人の方の二名。受付票を書いてチェックイン。

20220517_161550536.jpg

部屋も共用部分も掃除が行き届いていて綺麗でした。

20220517_170415858.jpg
20220517_170419016.jpg
20220517_170643526.jpg
20220517_170646394.jpg
20220517_170651025.jpg
20220517_181924978.jpg

窓からの眺め。今日は結局晴れませんでしたね。

20220517_161855063.jpg

18:30前から夕食。天ぷらも焼き魚も豚肉も美味しかったですよ。

20220517_182859706.jpg
20220517_183234582.jpg
20220517_183505472.jpg
20220517_183941384.jpg

食べ終わってももう一人の宿泊客の方と長々とおしゃべりをして楽しみました。その方は車を使わず日本百名山まであと一つという所まで来ているそうで、私も車が運転できないので色々旅の秘訣を教えて頂きました。やっぱり宿の人に頼んでみたり、駐車場でいろんな人に声を掛けたりとある意味面の皮が厚くないと(失礼!)ダメなんだなと思いました(笑)。

その後お風呂に入って10時頃には寝たと思います。

2日目の様子

ペンションぽぽんた

翌2022年5月18日(水) 朝4~5時頃起床。

もう一人の方がすでに朝6:20朝食、7:00出発、7:30八方台登山口というスケジュールを立てていたので私もそれに乗っかることにしました。二回に分けて送って貰うのも悪いですし。普通の宿は7時から朝食の所が多いと思うので早い時間に提供してくれるのはありがたいです。登山では早いに越したことはありません。

というわけで6:20頃朝食。

20220518_061921817.jpg
20220518_062345267.jpg

朝食の後チェックアウト。宿代は一泊二食で8800円。八方台登山口までのガソリン代として1000円を二人で割って500円追加となりました。

宿は現在建物の修繕中で足場が組まれていました。宿の運営にかなり張り切っておられるようでしたよ。

20220518_065738208.jpg

7時前に宿を出発。

前述しましたが、必要であればセブンイレブンに寄れるとの事でしたが、私ももう一人の方もすでに準備が出来ていたので真っ直ぐ八方台登山口に向かいました。

20220518_065919172.jpg

途中、もう一人の方が写真を撮りたいというので磐梯山眺望箇所で撮影。昨日も来ましたけどね。

20220518_070339766.jpg

結構霞んでます。

車は西の方へしばらく進んだ後、つづら折りを左右に曲がりながら登山道へ向かいます。

07:26 八方台登山口着。

20220518_072618137.jpg

八方台登山口と磐梯山のトイレ

公衆トイレがあったので念のため行っておきました。

20220518_072836978.jpg

磐梯山にはトイレがありません。いざという時は携帯トイレを使用せよとのこと。各登山口には携帯トイレの回収ボックスがあります。

磐梯登山における携帯トイレについて

弘法清水小屋では携帯トイレ使用ブースの提供とそこで使用できるタイプの携帯トイレを販売しているそうです。使用の際は小屋の人に尋ねた方が良いでしょう。

改修後の携帯トイレ使用ブースのご案内とお願い|詳細ページ

八方台登山口~中ノ湯跡

7:34 八方台登山口発。

20220518_073129738.jpg
20220518_073434859.jpg

ちょうど同宿の方も出発するところだったのでおしゃべりをしながら一緒に歩きました。まわりの方うるさくてスミマセン。

20220518_073752544.jpg
20220518_074727824.jpg

所々雪が残っています。

20220518_074843697.jpg
20220518_074954968.jpg

それほど長い区間ではありませんが厚めに残っている所も。

20220518_075430019.jpg

そういう所に限って枝が邪魔をしていたりします。

20220518_075505934.jpg

雪質はシャリシャリした感じで完全に凍っているわけではないのでそこまで滑りませんでした。

20220518_080005697.jpg
20220518_080030725.jpg

何やら奥に廃墟のようなものが見えてきました。

20220518_080117503.jpg

08:02 中の湯跡着。登山口からのコースタイムは35分。

20220518_080232613.jpg
20220518_080246810.jpg

ここはかつて温泉宿があって車も通っていたと宿の方に聞きました。

20220518_080314265.jpg

おっと、道は廃墟の方ではなくて手前の標識の方ですね。

20220518_080427412.jpg

中ノ湯跡~弘法清水小屋

中ノ湯の先に雪が多く残っていて少々歩きづらかったです。

20220518_080432562.jpg
20220518_080612413.jpg

雪の上を歩くには枝が邪魔ですし、かといって木道に降りるとまた雪の上によじ登らなければならないという。私は一回木道に降りて枝を避けて跳び箱を跳ぶように雪の上に戻りました。

20220518_080752490.jpg

大きく開いた踏み抜きも。

20220518_080852375.jpg

これからどんどん溶けていくでしょうし、人も沢山通ってすぐに普通の道になるでしょう。

08:10 分岐を通過。左は銅沼(あかぬま)を経由して裏磐梯の方へ下りるようです。

20220518_081012036.jpg
20220518_081257960.jpg

分岐を越えて少し進むとしばらく上り階段が続きます。

20220518_081405772.jpg
20220518_081539441.jpg
20220518_082055774.jpg

時々裏磐梯が見えます。

20220518_082251957.jpg
20220518_082631634.jpg
20220518_083605958.jpg
20220518_083915763.jpg

植生も変わってきました。

20220518_084141303.jpg

道が緩やかになったと思ったら雪が。でも沢山踏まれていてほとんど平らです。右側もどこまでも落ちるような所では無かったと思います。

20220518_084226242.jpg
20220518_084354581.jpg
20220518_084813293.jpg
20220518_084938987.jpg
20220518_085202625.jpg
20220518_085348918.jpg
20220518_085808347.jpg
20220518_090846279.jpg

唐突にこういう穴が現れるので油断ならないですね。

20220518_090926299.jpg

09:17 分岐通過。左は「お花畑」と書いてあります。右へ。

20220518_091623491.jpg
20220518_091721825.jpg
20220518_092349552.jpg

今回八方台登山口からのルートで一番雪の印象が強かったのはここでしょうか。

20220518_092433812.jpg

枝がちょっと邪魔なんですよね。もちろん滑ってもどこまでも落ちるという感じではありませんでした。

20220518_092530318.jpg
20220518_092609657.jpg
20220518_092720792.jpg

09:28 弘法清水小屋着。中ノ湯分岐からのコースタイムは1時間10分ほどのようです。

20220518_092807055.jpg

遠くにまるで浮かんでいるように見えるのが飯豊山だそうです。

20220518_093126175.jpg
20220518_093142329.jpg
20220518_093437207.jpg
20220518_093446592.jpg

弘法清水小屋~磐梯山山頂

9:35 弘法清水小屋発。

20220518_093524497.jpg
20220518_093901206.jpg
20220518_094215348.jpg
20220518_094458775.jpg
20220518_095046429.jpg
20220518_095448728.jpg
20220518_095512649.jpg
20220518_095627027.jpg
20220518_100238451.jpg
20220518_100410732.jpg
20220518_100801237.jpg
20220518_100823304.jpg

10:09 磐梯山山頂着。弘法清水小屋からのコースタイムは30分ほどのようです。

20220518_101023132.jpg

磐梯山山頂

さすが独立峰。山頂からは360度全方位見渡せます。

20220518_101105_thb.jpg
20220518_101043535.jpg

猪苗代湖の眺め。

20220518_101612399~2.jpg

水田にも水が入ってきています。

左から右へ緩やかにカーブする高速道路が見て取れます。線路は高速道路のわずかに手前ですがちょっと分かりづらいです。

猪苗代方面パノラマ。

20220518_102558094_PANO.jpg

猪苗代湖西岸の方向。

20220518_102627_IMG_5817.jpg

真新しい土が露出している部分は翁島駅の近く。おそらく建設中の太陽光発電施設(Blue Power 磐梯猪苗代発電所)だと思います。

山頂には祠が建っています。

20220518_101547_IMG_5798.jpg

北側、裏磐梯側には三角点があります。

20220518_101647_IMG_5800.jpg

裏磐梯の景色。

20220518_101654_IMG_5801.jpg

湖沼群はそれほど沢山は見えないのですね。樹木が多いのと標高差がそこまで大きくないからでしょうか。確かに五色沼を歩いていても磐梯山が見えたのはほんの一握りの場所だった気がします。

裏磐梯で一番大きい目立つ湖が桧原湖。中央一番後ろに本当に薄ら(ほとんど分からないくらい)見えるのが朝日岳だそうです。

20220518_103722784.jpg

晴れてはいるのですが霞みまくっていてなかなか遠くまでは見えません。宿の方によれば5月は春で植物が活性化してどうしても霞むので6月以降の方が見えると言っていました。東京では3~4月頃にかなり霞んでいたので何だか季節が戻ったような感じがしました。

西側。奥の方は右が喜多方市、左が会津若松市になります。さらに奥に山があるはずですが、もう完全に見えませんね。

20220518_101657_IMG_5802.jpg

磐梯山のすぐ西側にある山々、その一番手前側は猫魔ヶ岳。八方台登山口から今回とは反対向きに登れるようです。その奥にかすかに雄国沼湿原が広がっているのが見えます。

20220518_105621574.jpg
20220518_101638_IMG_5799.jpg

山頂の東側では荒々しい地形を見下ろせます。火口の跡か何かなのでしょうか?

20220518_101817_IMG_5804.jpg

猪苗代登山口へはこの下の平らな所を左から右へ歩きます。弘法清水小屋から写真の左端中央あたりまで降り、そこから写真中央あたりを経由して右やや上の赤埴山の右へ降りることになります。

東側の奥には安達太良山が見えます。

20220518_102301794.jpg
20220518_101831_IMG_5806.jpg
20220518_101932_IMG_5807.jpg
20220518_101949_IMG_5809.jpg
20220518_102000247.jpg
20220518_102407707.jpg
20220518_102413344.jpg
20220518_102613_IMG_5815.jpg
20220518_110101624.jpg

磐梯山の山頂標識。近づいてみると案外大きいです。

20220518_110221368.jpg

山頂標識の左側には翁島登山口に至る道があります。最も距離が短くコースタイムも短いですが急登です。登ってきた人を何人か見かけました。

20220518_110253195.jpg

磐梯山山頂~弘法清水小屋

11:09 磐梯山山頂発。弘法清水小屋へ戻ります。

20220518_110952820.jpg
20220518_111334861_PORTRAIT.jpg
20220518_112231836_PORTRAIT.jpg
20220518_112255685_PORTRAIT.jpg

途中沢山の人たちとすれ違いました。山頂でお昼を食べる人が多いのでしょうね。

20220518_112320366_PORTRAIT.jpg
20220518_112352020_PORTRAIT.jpg
20220518_114029630_PORTRAIT.jpg

水場。弘法清水小屋について – 磐梯山 弘法清水小屋によれば毎年水質検査をしているので飲用できるとのこと。

20220518_114054094.jpg

11:41 弘法清水小屋着。山頂からのコースタイムは20分ほどのようです。

20220518_114112320.jpg

小屋前は人で賑わっていました。

気温は12.5度。

20220518_114523597.jpg

前日に買っておいたパンをつまんでお昼ご飯としました。

弘法清水小屋~三合目天狗岩碑

さて、同宿の方はここから八方台登山口まで降りるとのこと。タクシーを呼ぶつもりだったけれどこれだけ人がいれば乗せてくれる人がいるだろうと言っていました。さすが。

私は猪苗代登山口へ降りるのでここでお別れです。

猪苗代登山口へは弘法清水小屋の北東にある道を下ります。

11:54 弘法清水小屋発。

20220518_115256916.jpg
20220518_115520527.jpg

11:55 すぐに分岐。左は「お花畑」を経由して中ノ湯に至ります。登るときに分岐がありましたがそこにつながっていると思われます。

20220518_115539524.jpg

見晴らしの良い気持ちよい道を下っていきます。

20220518_115728449.jpg
20220518_120019274.jpg
20220518_120052568.jpg
20220518_120145233.jpg
20220518_120237489.jpg
20220518_120337273.jpg
20220518_120410738.jpg
20220518_120429736.jpg
20220518_120437354.jpg

桧原湖の方向、その手前に見える湖は銅沼(あかぬま)です。中ノ湯からそちらの方に降りられるようです。

20220518_120441366.jpg
20220518_120454922.jpg
20220518_120503631.jpg

12:05 三合目天狗岩碑通過。

20220518_120504987.jpg

三合目天狗岩碑~赤埴山

20220518_120527383.jpg

12:05 すぐに川上登山口・裏磐梯登山口と渋谷登山口・猪苗代登山口との分岐が現れます。

20220518_120537311.jpg

川上登山口・裏磐梯登山口へは目の前の稜線を登っていくわけではなく、左に折れて下って行くみたいです。ただしガレ場だとか。

私は猪苗代登山口へ行くので右へ。

20220518_120556216.jpg

!!

20220518_120612204.jpg

雪です。

20220518_120649958.jpg

登山道の続きはこの斜面の真下。

20220518_120653184.jpg

とりあえず浅く斜めに歩いて雪の左の際まで行ってみましょう。

20220518_120709592.jpg

ひょえー、結構な傾斜です。

20220518_120806264.jpg

とは言え滑り落ちても下の木で止まりそうですけどね。

20220518_120808279.jpg

横向きになって下側の足を蹴り下げて雪上に段を作りカニ歩きのようにして下ってみました。

20220518_120848826.jpg

経験が浅いためどのくらいで滑るのか分かりません。雪はシャリシャリしているのでそれほど滑らないのでしょうか? 気温が高いためかツルツルに固まったところは見当たりません。ツルッとは滑らなくても崩れて滑りそうな感じ。雪遊びでもして色々試さないとそういう感覚は身につきそうもありませんね。

20220518_120851526.jpg
20220518_120914660.jpg
20220518_120917628.jpg
20220518_120921303.jpg

最後の所は踏み抜きそうで怖いですね。まぁ、安全第一で。

20220518_120946419.jpg
20220518_121011805.jpg

12:10 無事滑らず一番下まで降りられました。

20220518_121032053.jpg

下の登山道は雪解け水で川になっていました。ちょっと歩きづらいけど綺麗な水。

20220518_121057771.jpg

幸い水はすぐに左の方に避けてくれます。

20220518_121112653.jpg
20220518_121133758.jpg
20220518_121451705.jpg

12:16 渋谷登山口分岐を通過。

20220518_121638933.jpg

左は渋谷登山口へ続いています。火山ガスの警告有り。真っ直ぐ猪苗代へ。

20220518_121659592.jpg
20220518_121825398.jpg

小さな橋(というか木道というか)の右にミズバショウを発見!

20220518_121935767.jpg

その隣に生えているのはフキ(フキノトウ)?

20220518_121847429_NIGHT.jpg
20220518_121917172.jpg

現地では澄んだ水や雪が残る山と一緒に見られてとても綺麗です。

20220518_122018276.jpg
20220518_122031392.jpg
20220518_122033418.jpg

ダケカンバでしょうか?

20220518_122110329.jpg

でもこの樹皮は結構白いですね。

20220518_122133074.jpg

写真だと樹木の白さが分かりづらいですが、後ろの山と合わさってメルヘンチックで素敵な景色となっています。

20220518_122140351.jpg

いやー、猪苗代方面へ降りてきて良かった。

20220518_122155446.jpg
20220518_122210624.jpg
20220518_122212506.jpg

この辺りから雪とそうでない道を交互に繰り返しながら進むようになります。

20220518_122240356.jpg

とはいえ真っ平らですしシャリシャリした雪に足が沈むので滑ることはありません。

20220518_122253096.jpg
20220518_122303407.jpg
20220518_122335105.jpg

左側には池が見えます。

20220518_122401439.jpg

一応リボンを確認しながら進みます。

20220518_122404670.jpg

雪の区間が長いところで一箇所だけ道が分かりづらい所がありましたが、少し探したら見つかりました。

20220518_122548060.jpg
20220518_122656243.jpg
20220518_122816523.jpg
20220518_122854582.jpg
20220518_122938664.jpg
20220518_123006679.jpg
20220518_123016451.jpg
20220518_123029979.jpg
20220518_123108408.jpg
20220518_123119931.jpg
20220518_123124543.jpg
20220518_123127978.jpg

12:32頃、年配の女性が道の脇に座って休んでいました。聞けば三合目まで行こうと思ったけれど案外雪が多くて引き返してきたとのこと。この辺りのことをよく知っているようでしたし、福島市に住んでするとおっしゃっていたので良く来ているのでしょう。足が悪いのでちょっとした雪でも行くのは難しいとのことでした。

この先赤埴山に登るべきか聞いたところ時間があるなら是非登るべきだと言われたので登ることにしました。

この記事を書くために調べていると、話していたのは沼ノ平と書かれた碑がある場所の近くかもしれません。

12:36発。

ここも左手に池。

20220518_123703559.jpg
20220518_123705966.jpg
20220518_123757298.jpg

先に見えるのが赤埴山です。

20220518_123929237.jpg
20220518_123936150.jpg
20220518_124130187.jpg

12:42 赤埴林道分岐。

20220518_124217769.jpg

地理院地図を見るとすぐ下まで林道が来ていることが分かります。そこへつながる分岐のようです。スルー。

20220518_124433087.jpg

12:47 赤埴山分岐。ここを左に曲がります。右は赤埴山に登らないいわゆる巻き道、と言って良いのでしょうか。まぁ、登らない方が真っ直ぐの道ですけど。

20220518_124746037.jpg
20220518_124909186.jpg

それほど歩きづらい道ではありません。

20220518_125058357.jpg
20220518_125227170.jpg
20220518_125258717.jpg

12:53 赤埴山着。分岐からすぐ(6分ほど)でした。

20220518_125347039.jpg

赤埴山

いやはや、これはなかなかの良い景色ですよ。

20220518_125619_thb.jpg

眼下に見える猪苗代湖。

20220518_125436908.jpg
20220518_125823_IMG_5824.jpg

もちろん雪が残る磐梯山も綺麗です。

20220518_125407615.jpg
20220518_125837_IMG_5826.jpg

山頂にはケルン?がいくつか。

20220518_130050516.jpg
20220518_130052530.jpg

三角点?もありました。

20220518_130059936.jpg
20220518_130110873.jpg

赤埴山~スキー場最上部

13:01 赤埴山発。

20220518_130117044.jpg

すぐにまた猪苗代湖を見下ろせる道になります。

20220518_130134286.jpg

いやー、素晴らしい。

20220518_130208669.jpg

赤い色の土。荒い砂が多く滑ります。

20220518_130221396.jpg
20220518_130230409.jpg
20220518_130256011.jpg
20220518_130334860.jpg
20220518_130345273.jpg
20220518_130350783.jpg
20220518_130404118.jpg
20220518_130440453.jpg
20220518_130535530.jpg
20220518_130551779.jpg

パノラマ下山ルートです。いやー、本当に猪苗代方面へ降りてきて良かった。

20220518_130615361_PANO.jpg
20220518_130621722.jpg
20220518_130808193.jpg
20220518_130814514.jpg

なんて調子に乗っていると……

20220518_130854330.jpg

砂で滑って転んで手のひらをすりむいてしまいました。イタタタタ……

20220518_130859176.jpg

この辺り砂でかなり滑りやすいので気をつけましょう。

20220518_130951075.jpg

13:10 下の方からサイレンの音が鳴り響きました。何だろう……。どのみち降りるしか無いわけですが。その後も何回かサイレンの音が鳴っていました。定期的に鳴っているのであれば良いのですが。

20220518_131231838.jpg

13:13 巻き道と合流。赤埴山山頂から12分。上りの短さに比べて結構かかった気がします。

20220518_131319956.jpg
20220518_131329303.jpg

以降も頻繁に猪苗代湖が見下ろせます。絶景パノラマ下山ルート。

20220518_131522845.jpg
20220518_131609096.jpg
20220518_131942082.jpg
20220518_132051229.jpg
20220518_132210045.jpg
20220518_132610035.jpg
20220518_132624147.jpg
20220518_132636003.jpg

13:26 天の庭着。

20220518_132652314.jpg
20220518_132713742.jpg

うーん、ここも素晴らしい。

20220518_132725439.jpg

13:27 天の庭発。

20220518_132853787.jpg

下に何か屋根のようなものが見えてきました。

20220518_133137068.jpg
20220518_133331336.jpg

下はスキー場です。

20220518_133337519.jpg

13:33 登山者カウンターを通過。

20220518_133351580.jpg

スキー場最上部~猪苗代登山口

その下はスキー場のゲレンデになっています。

20220518_133358544.jpg

左手には上から屋根が見えていた建物。何かスキー場の施設でしょうか。

20220518_133400631.jpg

登山道は右手に続いています。

20220518_133427170.jpg

リフトの駅?がありますがその手前で左に曲がります。

20220518_133533192.jpg

ものすごい角度の下り。

20220518_133544182.jpg
20220518_133607821.jpg

真横を見てカメラを水平に構えてこんな感じです。

20220518_133718232.jpg

振り返るとこれまたインパクトがありますね。これを登るのは大変だ……。

20220518_133812087.jpg
20220518_133903652.jpg
20220518_134058995.jpg
20220518_134206940.jpg

大分降りてきました。

20220518_134332320.jpg
20220518_134817741.jpg
20220518_134821634.jpg
20220518_135029904.jpg

樹木の左側から来た年配のご夫婦?に追い越されました。

20220518_135221098.jpg
20220518_135429089.jpg

あれ、なんか林道っぽいところに出ました。うーん、このままこの道に沿って下りて良いのでしょうか。

20220518_135508531.jpg

国土地理院の地図を見るとゲレンデの方に道らしきものが書いてあるのでそっちに行ってみます。

20220518_135750611.jpg

地図上だとここを下る感じですね……

20220518_135911506.jpg

でも道らしきものは……あるような無いような……

20220518_140022190.jpg

いや……無い……な。

20220518_140144903.jpg

かなりの急坂。枯れ草で滑ります。

20220518_140541560.jpg
20220518_140916649.jpg
20220518_141550961.jpg
20220518_141654601.jpg

14:18 猪苗代登山口着。携帯トイレ回収ボックスもあります。

20220518_141817866.jpg

弘法清水小屋から2時間24分でした。コースタイムは2時間10分ほどなので思ったよりかかりましたね。

うーん、結局ここから登るときはどこを歩けば良いのだろう。よく分からず。

20220518_141840019.jpg

すぐ隣の施設は開いていないと思ったのですが、写真を見返すと「営業中」なんて窓に貼ってありますね。上から入ると実はやっていたりしたのでしょうか。いや、でもほとんど人いませんよここ。

20220518_141907576.jpg

道路から見下ろす猪苗代の町。

20220518_142109528.jpg

さて、このまま帰るなら猪苗代駅まで4.4km(徒歩55分)です。バスに乗るなら「バスセンター」バス停まで2.5km(徒歩30分)ですが本数が少ないので歩いた方が早い場合が多いでしょうね。疲れているならタクシーを呼ぶのもアリでしょう。猪苗代駅までならそこまで高くは無いと思います。

しかし今回私は明日安達太良山へ行くことにしていたのでした。この続きは次回。

感想

やはり行くのはちょっと早かったですね。とにかく霞んでいて良い写真もあまり撮れませんでした。水田もちょうどあちこち作業中。もう少し綺麗に見たいならやはり6月に行くべきなのでしょう。

でも十分綺麗な景色は拝めました。山頂からの眺めが綺麗なのはもちろん、登っている途中から見える裏磐梯、弘法清水小屋から三合目天狗岩への荒涼とした道、沼ノ平のダケカンバや雪の残る磐梯山、そして赤埴山からずっと猪苗代湖を見ながら降りる絶景パノラマ下山道。見所は一杯でした。今回行かなかった裏磐梯への道にも銅沼など綺麗な場所はありそうですね。

八方台登山口へ送ってもらったのは正解でした。一番楽な登山道からスタートできたことで体力をかなり節約できました(加えて同宿の方のペースに合わせたので楽だったというのもあります)。宿の方に送ってもらうというのはこれまでほとんど無かったので、今後はうまく活用できたらと思いました。

雪は私にとっては(おそらく多くの人にとっては)障害になるレベルではありませんでした。念のため軽アイゼンを持っていきましたがもちろん使う必要はありませんでした。宿の方の話によれば、磐梯山の山開きは5月中旬だったものが雪が残っていると言うことで近年5月下旬(今年は5/22)になっているそうです。逆に言えばそのくらいの時期であればこの程度の積雪と言うことなのでしょう。

機会があれば今度はもう少し空気が澄んでいる時期に行きたいですね。

安達太良山へ続きます

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ 人気ブログランキング

“雪残る山開き直前の磐梯山(ペンション送迎、八方台登山口→猪苗代登山口)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。