新宿から高速バスで行く白山。色とりどりの花に癒される

2022年7月28日(木)~31日(日)、石川県の白山(はくさん)へ行ってきました。

きっかけ

白山へ行くことにした直接的なきっかけは天気。7月最後の週、天気予報をチェックしていたところ北アルプスよりも白山の方が若干天気が良いことに気がつきました。白山は動画等で見て機会があれば一度行ってみたいと思っていたので、今年の予定にはありませんでしたが急遽行くことにしました。

白山の位置

今回の山行ルート

1日目は別当出合から砂防新道を登って室堂まで歩きます。

2日目は早朝から御前峰に登りご来光を見てから池めぐりコースに入り、途中大汝峰に寄ってから室堂に戻り朝食。後は観光新道で別当出合まで下ります。

合計距離: 20182 m
総所要時間: 03:37:40

旅の様子

新宿→金沢駅(夜行の高速バス)

バスタ新宿でバス待ち

2022年7月28日(木) 夜、バスタ新宿にやってきました。

20220728_184334911.jpg
20220728_185358111.jpg

ファミリーマートで食料を購入。明日の朝食、昼食、その次の昼食を確保しました。それと飲み物。

乗車するバスは22:00発の金沢・七尾行き。早く来すぎてしまったので外で待ちました。

20220728_205250561.jpg
20220728_190950956.jpg

駅の真上、高島屋などが見える非常に都市的な場所。ちょうど座る場所もありました。

20220728_192251326.jpg

ふと足下を見ると数センチくらいの虫が床を這い回っているのが見えました。少し離れたところにもまばらに何匹も見えます。薄暗くてよく分かりませんでしたが、おそらくアレでしょう。雨がパラついてきたので屋根のある明るいところへ移動したのですが、そこでは触角が生えて平べったいアレを多数確認することが出来ました。新宿でアレの生態を研究したいならここはおすすめの場所かもしれません。

その他にも「大丈夫? 仕事あるよ?」などと座っている人たちに声をかけてくる人物もいました。

都心コワイ。

WILLER EXPRESSのリラックスシート車両で金沢へ

21:50 バスタ新宿A1番乗り場着。発車の10分前に乗車開始。

20220728_215004715.jpg

今回乗車したのはWILLER EXPRESS GL5354便。東京ディズニーランド、バスタ新宿から高岡砺波スマートIC、金沢駅、羽咋駅、和倉温泉駅、七尾駅、丸一観光 七尾営業所へ至る夜行の高速バスです。

新宿22:00発→金沢駅西口05:40着の予定。この日の運賃は3900円でした。

東京から金沢へ向かう高速バスは何社も運行していますが、選択の決め手になったのは到着時刻。6時より前に到着するバスはこの日これだけでした。今回は金沢駅から市ノ瀬へ向かう白山登山バス(北陸鉄道が運行)に乗り継がなければなりませんが、その出発時刻が6:00や6:30とかなり早い時間です。この便ならそのバスにスムーズに乗り継ぐことが可能です。ちなみに松任駅(金沢駅から電車で10分ほど)から市ノ瀬へ行く白山登山バス(株式会社マップが運行)であればもう少し遅い時間でも大丈夫かもしれません(要確認)。この夜行バスに乗れないとすると金沢駅周辺で前泊することになりそうなので大変助かります。

今回乗車したバスはWILLER EXPRESSのリラックスというタイプの車両でした。その最大の特徴は頭を覆うフード(カノピー)と隣の席との仕切り板。

20220728_215149605.jpg

頭のまわりを覆うことで周囲がほとんど気にならなくなります。念のためアイマスクを持っていったのですが、ほとんど不要でした。

20220728_215224093.jpg

高い仕切り板は隣に人がいない今回の状況では少々窮屈に感じましたが、もし人が居たのであれば非常に嬉しい設備だったことでしょう。隣の席との境界線は曖昧なことが多く腕が当たるとどっちが引くかでモヤモヤした気持ちになることも多いからです。

もちろん充電用の電源もあります。AC100Vタイプ。一時期USBタイプが流行りましたが最近はどうなのでしょうね。充電器がUSB Type-Cで出力するものが増えたのでType-AからCへ変換するケーブルを別途持ち歩くのも不便(一応持ち歩いていますが)。結局AC100Vタイプが今後も続くのかも?

20220728_215229967.jpg

フットレストもちょうど良い位置にあり身長178cmくらいの私でもそこまで窮屈ではありませんでした。

20220728_215233332.jpg

バスは22:01バスタ新宿を出発。

休憩は三芳、松代、有磯海で各20分ずつくらい。最初の三芳を出た後に消灯となったと思います。

3:57 有磯海SAで休憩。いつも何と読むのか分からなくなります。あり…いそ…うみ…? 「り」と「い」がつながって「ありそうみ」。次来るときは覚えているとイイナ。

20220729_040146914.jpg

2022年7月29日(金) 5:35 金沢駅西口1番乗り場着。バスタ新宿から約7時間半かかりました。

20220729_053537547.jpg
20220729_053636648.jpg

金沢駅→市ノ瀬(白山登山バス)

続いて北陸鉄道株式会社が運行する白山登山バスに乗ります。この日は6:00発と6:30発の二便が運行されますが、まだ6:00発に間に合う時間です。乗り場は駅の反対側、東口の1番乗り場。

金沢駅の西から東へ

金沢駅は1階が東西を貫通する大きな通路になっているのであっという間に反対側に出られます。

5:38 金沢駅の通路に入ります。

20220729_053802658.jpg
20220729_053912912.jpg

5:39 金沢駅の通路を出ました。わずか1~2分ほど。

20220729_053933912.jpg

白山登山バス(金沢~市ノ瀬)を待つ

05:40 金沢駅東口1番バス乗り場着。すでに15人ほど並んでいました。

20220729_054028297.jpg
20220729_054701147.jpg

白山登山バス(金沢~市ノ瀬)の設備

5:51 バスが到着して乗車開始。ザックはトランクルームに預けられます。

20220729_055301336.jpg

ゆったりとした座席。

20220729_055351277.jpg

行きに乗った車両は電源がありました。(帰りは見当たりませんでした)

20220729_055444158.jpg

白山登山バス(金沢~市ノ瀬)の走行経路

06:01 金沢駅発。

20220729_060105767.jpg

金沢から市ノ瀬までの間に四つのバス停が設定されていますが人の乗り降りはありませんでした。全てに停車したという記憶もありません。いくつかには停車していた気がしますが、発車時刻が過ぎていない所でだけ止まったのかもしれません。

それとは別に途中「道の駅しらやまさん」でトイレ休憩のため停車しました。

6:41 道の駅しらやまさん着。

20220729_064407637.jpg

6:51 道の駅しらやまさん発。

そして8:00市ノ瀬に到着。金沢駅からちょうど2時間でした。

20220729_080016457.jpg

運賃2100円を支払って下車しました。皆支払いに手間取るので降りるのに少し時間がかかったと思います。ちなみに帰りは道の駅しらやまさんで休憩する時に乗車券を販売する方式に変わりました。昔は乗務員が車内で切符を売ったようなことを運転手が話していました。

20220729_080316185.jpg

走行ルート:

合計距離: 67764 m
総所要時間: 02:00:58

市ノ瀬ビジターセンター

到着した場所は市ノ瀬ビジターセンターの目の前です。

20220729_080346799.jpg

石川県/市ノ瀬ビジターセンター

市ノ瀬→別当出合(シャトルバス)

市ノ瀬から別当出合までの間はマイカー規制の対象区間らしく、株式会社マップシャトルバスを運行しています。(株式会社マップは松任駅から市ノ瀬までの登山バスも別途運行しています)

市ノ瀬ビジターセンターの前で株式会社マップが運行するシャトルバスや松任までの登山バスの乗車券を販売していました。(金沢行きの乗車券は北陸鉄道なのでここでは販売していません。車内精算となります)

20220729_080453930.jpg
20220729_080547117.jpg

別当出合までのシャトルバスは片道800円。往復1600円。

特に割引もない片道切符二枚です。

20220729_080831228.jpg

シャトルバスの運行間隔は約20分とされていますが、乗客の数に合わせて柔軟に発車時刻を調整しながら運行しているようです。

20220729_080628433.jpg
20220729_080631627.jpg
20220729_080803059.jpg
20220729_080809122.jpg

08:08 乗車券を渡して乗車。補助席も全て使って満席。大きなザックを持っている人は大変そうです。

20220729_081044127.jpg

08:11 市ノ瀬発。

20220729_081142567.jpg

狭い林道を走るバスは途中道幅が広い場所で対向のバスとすれ違います。

08:24 別当出合着。

20220729_082424767.jpg
20220729_082537743.jpg

別当出合

バスは別当出合登山センターの前に到着しました。

別当出合登山センターには登山届・下山届の提出所があります。

20220729_082539913.jpg
20220729_082835328.jpg
20220729_082840976.jpg
20220729_082843413.jpg

トイレや水場もあります。

20220729_083556700.jpg
20220729_082900385.jpg
20220729_083919285.jpg
20220729_083924939.jpg
20220729_083849595.jpg

とりあえずサンドイッチを食べて朝食としました。

20220729_082943495.jpg

別当出合→白山室堂(砂防新道)

さて、目指すは白山室堂(標高2450m)。別当出合の標高が1250mなのでその差は1200mにも及びます。コースタイムは地図にもよりますが概ね4時間以上となっています。

8:42 別当出合発。

すぐに吊り橋と分岐が現れます。左は観光新道、右は砂防新道です。今回は砂防新道で登って観光新道で降ります。

20220729_084247980.jpg

目の前の吊り橋を渡って登山開始。

20220729_084352965.jpg
20220729_084452863.jpg

所々ガクアジサイが咲いていました。中飯場あたりの高さまでは見かけたような気がします。

20220729_084939839.jpg

すぐに小さな分岐。上り下りで道が違う?

20220729_085113900.jpg

結構急な階段を登っていきます。

20220729_085517549.jpg

またすぐに分岐合流。

20220729_090034226.jpg
20220729_090459503.jpg
20220729_091120384.jpg

すぐにダケカンバも見られるようになりました。

20220729_091637154.jpg

09:19 中飯場(なかはんば)着。出発から37分。すでに疲れています。日影にベンチがあったので休憩。

20220729_091903648.jpg
20220729_091911944.jpg
20220729_091917101.jpg
20220729_092553273.jpg

別当出合から1.5km、室堂まで4.5km。

09:25 中飯場発。

20220729_092715487.jpg
シシウド?
図1: シシウド?
20220729_092847087.jpg
20220729_093236442.jpg

極々短い区間ですが迂回路と書かれた場所がありました。航空写真から本道、迂回路の両方が見て取れますが何のための迂回路なのかはよく分かりませんでした。

20220729_093349871.jpg
20220729_093418264.jpg

いったん林道を横切ります。

20220729_093433699.jpg

すぐに迂回路の反対側に到着します。

20220729_093542506.jpg
20220729_093656076.jpg
20220729_093749690.jpg
20220729_093814756.jpg

どこまで行ってもずっと上り。黒ボコ岩までの間に下るところはほぼ無かったと思います。ある意味効率が良い道です。

20220729_094320413.jpg
20220729_094922298.jpg
20220729_095100904.jpg
20220729_095235784.jpg

谷の向こう側にも尾根が見えます。あちらは観光新道。こうしてみるとなだらかそうに見えますが案外ハードです。帰りはあちらを下ります。

20220729_095721915.jpg
20220729_095748703.jpg
センジュガンピ
図2: センジュガンピ

10:05 別当覗通過。標識が立っていて少しだけ見晴らしがあるだけです。

20220729_100532631.jpg
オトギリソウ?
図3: オトギリソウ?
サンカヨウの実?
図4: サンカヨウの実?
ハナニガナ?
図5: ハナニガナ?
20220729_101714733.jpg

時々道の脇に池というか水が溜まっている場所がありました。

20220729_102226375.jpg

「この先火口域から2km圏内」

20220729_102733126.jpg
20220729_102958413.jpg
20220729_103348461.jpg

10:35 ベンチで休憩。

20220729_103523222.jpg

10:36 発。

20220729_103757755.jpg
ミヤマキンポウゲ?
図6: ミヤマキンポウゲ?

10:49 ベンチがあったのでここでも休憩。もう常にハァハァ言いながら登っています。

20220729_104909374.jpg
20220729_104934543.jpg

10:52 発。

しかしすぐに小屋が現れました。

10:55 甚之助避難小屋着。

20220729_105508433.jpg

避難小屋の前では沢山の人が休憩していました。

20220729_105527006.jpg

水場やトイレもある避難小屋です。

20220729_105536839.jpg

避難小屋前からの景色。

20220729_105548685.jpg
20220729_105620008.jpg
20220729_105622824.jpg

避難小屋の中。

20220729_105656560.jpg

先ほどベンチで休憩したばかりですし人も多いのですぐに出発しました。

10:58 甚之助避難小屋発。

20220729_105743579.jpg
20220729_105822253.jpg

少し登るとすぐにまた同じ避難小屋の標識があります。昔の避難小屋が建っていた跡地だとか。

20220729_105824250.jpg
ミヤマコウゾリナ?
図7: ミヤマコウゾリナ?
20220729_110034530.jpg
20220729_110412702.jpg

甚之助避難小屋を過ぎて少し歩くと勾配がきつくなります。

上りの途中で振り返ると良い景色が見えるようになってきました。

20220729_111047960.jpg
ヤマハハコ?
図8: ヤマハハコ?
ヨツバシオガマ?
図9: ヨツバシオガマ?
20220729_111314540.jpg
20220729_111412754.jpg
20220729_111441088.jpg
20220729_111657911.jpg

11:29 南竜道分岐着。

20220729_112953772.jpg

別当出合まで4.0km、室堂まで2.0kmと書いてあります。

20220729_113012392.jpg

左に登っていくと室堂ですが、右に進むとエコーライン経由で室堂まで2.4km、南竜ヶ馬場まで1.0kmと書いてあります。

11:31 南竜道分岐発。真っ直ぐ室堂へ向かいます。

20220729_113125860.jpg

南竜道分岐から少し進むと見晴らしが良くなってきます。と同時に上の方に立ちこめる雲が見えてきました。室堂の天気が心配。

20220729_113724460.jpg
ハクサンフウロ
図10: ハクサンフウロ
クルマユリ
図11: クルマユリ
20220729_113934084.jpg
20220729_113954336.jpg

先の方の道までよく見えます。

20220729_114018285.jpg

人が歩いているのも見えます。

20220729_114021694.jpg
20220729_114025901.jpg
テガタチドリ?
図12: テガタチドリ?
エゾシオガマ
図13: エゾシオガマ
20220729_114321700.jpg

シモツケソウはあちこちで咲いていて色も綺麗でした。

シモツケソウ
図14: シモツケソウ
シモツケソウ
図15: シモツケソウ
20220729_114445883.jpg

振り返った写真。

20220729_114626792.jpg
オタカラコウ?
図16: オタカラコウ?

この辺りから周囲に花が多くなってきました。

20220729_114716675.jpg
20220729_114719610.jpg
20220729_114757735.jpg
20220729_114808286.jpg
20220729_114812843.jpg
ニッコウキスゲ
図17: ニッコウキスゲ
20220729_114847310.jpg
20220729_114946101.jpg
20220729_115126085.jpg
20220729_115204406.jpg
20220729_115219388.jpg
シナノキンバイ
図18: シナノキンバイ
20220729_115511476.jpg

登山道上に少し水が流れています。

20220729_115749124.jpg
20220729_115752562.jpg
20220729_120052800.jpg
20220729_120055636.jpg

12:01 室堂まで1.4km。

20220729_120138191.jpg
20220729_120315233.jpg

砂防新道でちょっと危ないなと思ったのはここくらい? 目線の高さ的に目に付くということもありますが。

20220729_120527722.jpg

なんかすごい上の方まで人が見えるんですけどー。

20220729_120610405.jpg
20220729_120618314.jpg
20220729_120632798.jpg
ミソガワソウ
図19: ミソガワソウ
20220729_120742887.jpg

上の方まで人が歩いているのが見えます。キツい。

20220729_120901499.jpg
ハクサンフウロ
図20: ハクサンフウロ
20220729_121318801.jpg
20220729_121324180.jpg

12:18 延命水と書かれた場所を通過。下のパイプからわずかに水が流れています。

20220729_121830695.jpg
20220729_121852588.jpg
20220729_121857101.jpg

上の方に大きな岩が見えてきました。

20220729_122148351.jpg
20220729_122223047.jpg

色とりどりの花々が綺麗です。

20220729_122354538.jpg
20220729_122452940.jpg
20220729_122807142.jpg

12:28 黒ボコ岩着。

20220729_122842013.jpg
20220729_122920029.jpg

お腹がすいたのでおにぎりを一つ。

20220729_123304189.jpg

ここは砂防新道と観光新道が合流するところです。

20220729_123956251.jpg

12:40 黒ボコ岩発。室堂まで0.9km。

20220729_124002664.jpg

すぐに広い平原が現れます。

20220729_124103937.jpg

そこは弥陀ヶ原。平坦な木道歩きはここまで登ってきた人へのご褒美です。

20220729_124146703.jpg

コバイケソウが一杯咲いていました。

20220729_124604494.jpg
20220729_124607041.jpg
20220729_124632434.jpg

12:48 エコーライン分岐通過。

20220729_124800796.jpg

ここは黒ボコ岩と室堂のほぼ中間地点ですが、ここからは上り坂になります。

20220729_124812092.jpg

最後の上り坂。ガンバレ!

20220729_125227712.jpg
ゴゼンタチバナ
図21: ゴゼンタチバナ
20220729_125902410.jpg

ハイマツの上に屋根が見えました。

20220729_130456954.jpg
20220729_130525222.jpg
20220729_130606348.jpg

13:06 白山室堂着。別当出合から4時間24分でした。コースタイム(休憩含まず)はヤマプラ(山と高原地図)とYAMAP、白山ベストガイドが4時間、ヤマタイムが4時間20分。

20220729_130633955.jpg

思っていた以上に疲れました。

白山室堂に泊まる

白山室堂の受付

白山室堂ビジターセンターの中は人で一杯でした。

20220729_130828491.jpg

「白山室堂 ご宿泊者名簿」に記入して列に並びます。

20220729_131159293.jpg
20220729_132004994.jpg
20220729_132713501.jpg
20220729_132716302.jpg

待つこと20分弱。受付窓口の手前で事前に書類の確認と記入をする係がいて、その後窓口で会計する流れでした。

支払いは1泊2食で合計11300円。

名目 金額
宿泊料 6,280円
県有施設使用料 1,920円
夕食 1,900円
朝食弁当 1,200円
合計 11,300円

白山室堂の部屋(こざくら荘)

その後また別の係が施設の案内と注意事項の説明をして建物の方へ案内してくれます。

20220729_133716169.jpg
20220729_133539878.jpg

今回私が泊まる建物はこざくら荘、三棟ある内の真ん中です。水場は二箇所。トイレはこざくら荘の隣。トイレへ行くためのスリッパでこの辺りを歩かないようにとのことでした。

20220729_135314529.jpg
20220729_133718979.jpg
20220729_133738743.jpg
20220729_133740464.jpg

下駄箱には名札を書く紙があります。

20220729_134045324.jpg

その紙を洗濯ばさみに吊して自分の場所とします。

20220729_134048384.jpg

掲示物。

20220729_134055264.jpg
20220729_134056676.jpg
20220729_134058653.jpg

5号室。

20220729_134134707.jpg
20220729_134138192.jpg

No.11は右奥の下段。

20220729_134147620.jpg

区画には寝具(マットと毛布2枚)が2セット置いてありました。

20220729_134214117.jpg

今回隣には誰も来なかったので一人で区画を占有できましたが、常にそうなのかは不明。過去の写真を見るともっと狭い間隔で寝具が並んでいるものが見つかるので件のウィルス騒ぎで改善されたのかもしれません。

20220729_134440202.jpg
20220729_134531932.jpg

トイレや水場へ行くためのスリッパが用意されています。

20220729_134832057.jpg

宿泊棟側の水場。水場はビジターセンター側にもあります。

20220729_135044573.jpg

各宿泊棟の間には綺麗な花々が咲いていました。

20220729_135218982.jpg

ビジターセンターの北側(御前峰側)にはテーブルやベンチや多数あります。

20220729_135243429.jpg
20220729_135245805.jpg

ビジターセンター側の水場。

20220729_135347461.jpg
20220729_135501067.jpg
20220729_135442639.jpg

白山室堂ビジターセンター

白山室堂ビジターセンターの中。

20220729_131759726.jpg
20220729_132112591.jpg

白山室堂周辺案内図。

20220729_132756447.jpg

掲示物。

20220729_135540582.jpg

季節の花々が紹介されているので自分で撮った写真と名前の答え合わせが出来ます。

20220729_135602144.jpg

売店もあります。

20220729_135646357.jpg
20220729_135648273.jpg
20220729_135717896.jpg
20220729_135719194.jpg
20220729_135729178.jpg
20220729_135732292.jpg
20220729_135734615.jpg
20220729_135817998.jpg

売店でインナーシュラフ(2000円)を購入。

20220729_140038315.jpg

現在白山室堂での宿泊にはインナーシュラフが必要とのこと。インナーシュラフとは寝具の中に敷く体を包む布です。件のウィルス騒ぎ以来要求する山小屋が増えているようです。正直なんの効果があるのか分かりませんが、少なくとも寝具を綺麗に維持する手間は省けるのでしょう。予約時に聞いたところ売店でレンタル(500円)や販売(2000円)もしているとのことだったので登りの荷物を軽くすることも考えて用意してきませんでした。新宿でバス待ちの時に石井スポーツを覗いてみたのですがさすがに2000円のものはありませんでした。

レンタル(500円)でも良かったのですが、持っていないのでこの機会に買ってみました。

販売していたインナーシュラフは、PINKMOONと書かれた中国製の製品でした。タグには「旅行睡袋」と書かれています(PINKMOON 旅行睡袋 – Google検索)。長方形の布袋で、サイドはボタンで半分開けられるようになっており、頭の部分は被れるようにもなっています(もしくは物を入れて枕にするための部分かもしれません)。帰ってから重さを量ってみたところ390gでした。

ついでにペットボトルのドリンク(450円)を購入。

20220729_140041841.jpg

ちなみにゴミは全て持ち帰りです。ここで買ったものでも回収してくれません。

白山室堂散歩

さて、周囲を散策してみましょう。

20220729_140109475.jpg

立派な貯水池。他の場所にももう一つあります。

20220729_140221840.jpg
20220729_140234933.jpg
20220729_140258196.jpg

一瞬霧が晴れて山頂が見えました。白山の最高峰、御前峰(ごぜんがみね)は標高2702mです。明日はご来光を見るために朝早くから登ろうと思います。

20220729_140813295.jpg

白山室堂のビジターセンターの北側に立っているのは神社のようです。

20220729_140818708.jpg
20220729_141325304.jpg
20220729_141416954.jpg

15:00 青空が見える頻度が少し上がってきました。

20220729_150446477.jpg

こちらは西の雷鳥荘(個室棟)の近くにある貯水池。

20220729_150523906.jpg
20220729_150525882.jpg

ベンチに座ってゆったり景色を楽しみました。

神社の裏側、御前峰へ向かう道。

20220729_154837332.jpg
20220729_154857644.jpg

沢山の花が咲いています。

20220729_155013954.jpg
ミヤマアキノキリンソウ?
図22: ミヤマアキノキリンソウ?
20220729_155039487.jpg
20220729_155138646.jpg
イワギキョウ
図23: イワギキョウ

白山室堂の夕食

16:30過ぎ、夕食券を持って食堂へ。

20220729_163611929.jpg

16:35 すでに食堂の入口には人が集まっていました。

20220729_163723161.jpg

16:40 食堂に入場。

20220729_164034030.jpg

お昼は11:00~13:00に何か食事を提供しているのかも?

20220729_164039218.jpg
20220729_164109706.jpg
20220729_164139378.jpg
20220729_164255996.jpg
20220729_164320430.jpg

ハンバーグかお魚かどちらかのプレートを選べました。ご飯の量も大中小選べました。写真では湯飲みの下に隠れてしまっていますがゼリーもあります。

20220729_164510824.jpg

白山室堂散歩2

17:06 食べ終わったので外へ。

20220729_170958797_PANO.jpg
ハクサンフウロ
図24: ハクサンフウロ
20220729_171114296.jpg
20220729_172903211.jpg
20220729_174444399.jpg
20220729_174609528.jpg

ビジターセンターの西側にある白山雷鳥荘。個室ベースの宿泊棟のようです。

20220729_174612885.jpg

近くにあった乾燥室。

20220729_175238327.jpg

地図には書かれていなかった水場。水が常に流れています。

20220729_175309548.jpg

こちらは白山荘。自炊棟とのことですが、詳しいことは知りません。

20220729_175506843.jpg

ビジターセンター南側入口前のトイレはとても綺麗でした(チップ制)。

20220729_175706320.jpg
20220729_175734015.jpg

ビジターセンターの南側には展望所が二箇所あります。

20220729_175805977.jpg
20220729_175830765.jpg

こちらはビジターセンターから近い西側(弥陀ヶ原側)。

20220729_175846894.jpg
20220729_175901362.jpg
20220729_180024012.jpg
20220729_180032297.jpg
20220729_180140897_PANO.jpg

東側を見ると大きな岩のようなものが見えます。そちらがもう一つの展望所です。

20220729_180419574.jpg

そちらへ行ってみます。

20220729_180533770.jpg
20220729_180648630.jpg
20220729_180650267.jpg

うーんよく道が分からない。

20220729_180842096.jpg
20220729_181114712.jpg

行き止まりだったのでちょっと戻ります。

20220729_181225867.jpg

あ、ここを左かな。

20220729_181311743.jpg

ここですね。

20220729_181358133.jpg

東側の展望所からの眺め。

20220729_182208_thb.jpg
20220729_181428026.jpg
20220729_182144408.jpg
20220729_183022271.jpg
20220729_183105117.jpg

戻ります。

20220729_183255341.jpg
コバイケソウ
図25: コバイケソウ

北の方へ向かう道もあったのでそちらへ進んでみました。

クロユリ
図26: クロユリ
20220729_184222364.jpg
ハクサンコザクラ
図27: ハクサンコザクラ
ハクサンコザクラ
図28: ハクサンコザクラ

神社の北側を歩いています。

20220729_184348755.jpg

沢山のハクサンコザクラが咲いていました。

20220729_184511794.jpg
20220729_184526172.jpg
コバイケソウ
図29: コバイケソウ
20220729_184707859.jpg

御前峰や池の方へ向かう分岐。

20220729_184715351.jpg
20220729_184720375.jpg
20220729_184729563.jpg
20220729_184816401.jpg
20220729_184932415.jpg

18:50 ビジターセンターに帰ってきました。

20220729_185000601.jpg

おっと、そういえば朝食弁当を受け取らなければなりません。18時に受付まで来るように言われていたのでした。

20220729_185044520.jpg

今回朝食は弁当にしてもらいました。受付の時に言えば弁当にしてくれます。

通常の朝食の時間は日によって異なると思いますが明日は5:30~8:00でした。8:00までに来れば食べられるそうです。

20220729_185047702.jpg

明日は5時前に御前峰で日の出を見て、その後お池めぐりコースを歩き、大汝峰にも登って室堂に帰ってこようと思います。

大汝峰に行かずお池めぐりコースを歩くだけなら十分8:00までに帰ってこられるそうですが、大汝峰まで行くと間に合うか分からなかったので朝食弁当にしてもらいました。

中身は「山小屋寿司」だそうです。

20220729_185307085.jpg

時刻は19時前。空を見ると日が沈みそうだったので近くの展望所へ行ってみました。

20220729_185621249.jpg
20220729_190103033.jpg
20220729_190242068.jpg
20220729_190314154.jpg
20220729_190359718.jpg
20220729_190405275.jpg
20220729_190501985.jpg
20220729_190508972.jpg

雲に隠れて日没の瞬間こそは見えませんでしたが綺麗な夕日や夕空を見ることが出来ました。

20220729_190913809.jpg
20220729_191114863.jpg
20220729_191212089.jpg
20220729_191241704.jpg
20220729_191413991.jpg

部屋に戻って20時頃には寝たと思います。途中一回目が覚めてトイレに行きました。

ご来光とお池めぐりと大汝峰

白山室堂の朝

2022年7月30日(土) 朝3時過ぎに起床。ご来光を山頂(御前峰)で見るには4時くらいまでには出発しなければならないので3時に起きる人が多いです。

ヘッドライトをつけて荷物をまとめて外へ。

20220730_032858678.jpg
20220730_032907309.jpg
20220730_032949121.jpg

山の方には既に登っている人たちの明かりが見えます。

20220730_033239333_NIGHT.jpg

3時台だとまだ星空も見えます。

20220730_034112_6483.jpg

カシオペア座からはくちょう座の方向に天の川もうっすら確認できました。

20220730_034347_6486.jpg

と、長時間露光の写真を撮っていたらあっという間に時間が経ってしまいます。

白山室堂→御前峰

3:45 白山室堂発。

20220730_034556419_NIGHT.jpg

ヘッドライトをつけて前を歩く人たちについていきます。

20220730_034625788_NIGHT.jpg
20220730_035032263_NIGHT.jpg

渋滞してノロノロ進むこともあれば、前の人が脇に避けて脱落(休憩)するたびに列のスピードが上がってハイペースで進むことも。

20220730_035131264_NIGHT.jpg

途中で私も脱落。脇に避けて何度か休憩しました。

20220730_040124455_NIGHT.jpg

朝4時になると下の方から太鼓の音が聞こえてきました。ご来光が見えそうな日は神社が太鼓を鳴らすのだとか。

20220730_040405140_NIGHT.jpg
20220730_042052032.jpg
20220730_042125059.jpg
20220730_042150066.jpg

4:22 御前峰着。

20220730_042240897.jpg

御前峰で日の出を見る

20220730_042251158.jpg

太陽が出る方向は既に赤く染まっています。

20220730_042354924.jpg
20220730_042358546.jpg
20220730_042509881_NIGHT.jpg
20220730_043245915.jpg

今日は北アルプスから南アルプスまで全て見える絶好の天気です。

20220730_043257315.jpg
20220730_043952682.jpg

わずかに尖っているのが槍ヶ岳だそうです。本当かな?

20220730_044310909.jpg
20220730_044313315.jpg
20220730_044923830.jpg
20220730_044925565.jpg
20220730_045412010.jpg
20220730_045503739.jpg
20220730_045524535.jpg
20220730_045623224.jpg
20220730_045625782.jpg

4:57 日の出。

20220730_045728469.jpg
20220730_045737472.jpg
20220730_045742534.jpg
20220730_045752637.jpg
20220730_045755223.jpg
20220730_045840453.jpg
20220730_045857131.jpg
20220730_045859868.jpg
20220730_045901736.jpg
20220730_045903806.jpg
20220730_045952204.jpg
20220730_050004554.jpg
20220730_050057_IMG_6496.jpg
20220730_050207286.jpg
20220730_050440_IMG_6499.jpg
20220730_050611_IMG_6503.jpg
20220730_050629_thb.jpg

山頂付近には展望盤がありますが、混雑しているのでほとんど見られませんでした。

20220730_050958332.jpg

室堂も見下ろせます。

20220730_051010475.jpg
20220730_051032_IMG_6510.jpg
20220730_051035_IMG_6511.jpg
20220730_051059749.jpg
20220730_051118_IMG_6513.jpg
20220730_051336261.jpg

下の方に見える池。その先に見える山は大汝峰です。これからあちらの方へも行ってみようと思います。

20220730_051341940.jpg
20220730_051345050.jpg

太陽とは反対側には山の影がくっきりと映っています。

20220730_051710903.jpg
20220730_051543_IMG_6519.jpg

御前峰→大汝峰

5:17 御前峰発。

登ってきた方とは反対側へ降ります。

20220730_051757306.jpg
20220730_051759298.jpg
20220730_051924891.jpg
20220730_051943817.jpg
20220730_052000354.jpg
20220730_052035833.jpg
20220730_052224741.jpg

天柱石。

20220730_052237530.jpg
20220730_052400422.jpg
イワツメクサ
図30: イワツメクサ
20220730_052508151.jpg

御宝庫。

20220730_052528018.jpg

御前峰から続く稜線を歩いて御宝庫まで来たら右に曲がって火口の底へ降りていきます。

20220730_052541873.jpg
20220730_052627294.jpg

渋滞しています。

20220730_052943873.jpg
20220730_052954583.jpg
20220730_052956570.jpg
20220730_053038_IMG_6527.jpg
20220730_053157620.jpg
20220730_053636662.jpg
20220730_053639007.jpg
20220730_053851284.jpg

油ヶ池。

20220730_053925356.jpg
20220730_053957374.jpg
20220730_054112837.jpg

この辺りが底でしょうか。

20220730_054135714.jpg
20220730_054141004.jpg
20220730_054208337.jpg

ほんの少しだけ雪の上を歩きました。

20220730_054212142.jpg
イワカガミ
図31: イワカガミ
チングルマ
図32: チングルマ
チングルマ
図33: チングルマ
20220730_054457905.jpg
20220730_054502304.jpg
20220730_054557696.jpg

進行方向に見えるのが大汝峰。

20220730_054615162.jpg

右手に見えるのが翠ヶ池。

20220730_054623122.jpg
20220730_054727175.jpg
20220730_055130807.jpg

今日はあまり緑に見えないという会話が聞こえました。ウェブ検索してみると確かに綺麗なエメラルドグリーンの色をした湖の写真を見ることができます。この時間ではそれを見るのは難しいのではないでしょうか。

20220730_055146529.jpg

しかし太陽が反射しているのが綺麗です。

20220730_055232339.jpg

道は大汝峰を見て左の方へ逸れていきます。

20220730_055235806.jpg
アオノツガザクラ?
図34: アオノツガザクラ?
20220730_055438_IMG_6536~2.jpg
20220730_055554388.jpg
20220730_055709655.jpg
20220730_055815674.jpg

血の池。

20220730_055929203.jpg

別に赤くはありませんね。

オンタデ?
図35: オンタデ?
20220730_060047693.jpg
20220730_060151_IMG_6542.jpg
20220730_060214235.jpg

6:02 分岐を右へ。

20220730_060230003.jpg

目の前に大汝峰が見えます。

20220730_060239026.jpg
ミヤマハナゴケ?
図36: ミヤマハナゴケ?

大汝峰を登っている人たちが見えます。

20220730_060404729.jpg

06:07 大汝峰下分岐通過。

20220730_060655307.jpg

正面は大汝峰(0.5km)、右は中宮温泉(18.8km)、左は七倉山(2.1km)と書いてあります。七倉山は大汝峰を越えても行けるので、左は巻き道となるようです。

真っ直ぐ大汝峰へ。

20220730_060700577.jpg

少し進むと岩場が現れました。大きな岩を多少よじ登るようにして進みます。

20220730_061051721.jpg

道が不明瞭ですが、前の人についていくと時々ペンキマークが見えました。

20220730_061522760.jpg

急な岩場を越えると普通に歩ける道になります。

20220730_061631929.jpg
20220730_061636918.jpg
20220730_061806132.jpg
20220730_062212840.jpg

6:22 大汝峰着。御前峰から1時間5分でした。

20220730_062423219.jpg

大汝峰

20220730_062439221.jpg
20220730_062458523.jpg
20220730_062545151_PANO.jpg

素晴らしいこの景色。

20220730_063329955_PANO.jpg
20220730_062405999_PANO.jpg
20220730_063333_thb.jpg

反対側(北側)は日本海まで見渡すことができます。

20220730_062641976.jpg
20220730_062656982.jpg
20220730_062849685.jpg
20220730_062743_thb.jpg
20220730_062930_IMG_6550.jpg

360度の見晴らしですが、周囲を全部見るには広い山頂を歩き回らなければなりません。

20220730_063027_IMG_6553.jpg
20220730_063123_IMG_6556.jpg
20220730_063451615.jpg

この辺りでお弁当を食べようと思っていたのですが、日差しを遮るものもありませんし、ベンチやテーブルがあるわけでもありません。何よりそれほどお腹もすいていないので室堂まで降りてから食べようと思います。

大汝峰→白山室堂

6:37 大汝峰発。

20220730_063728030.jpg
20220730_064014020.jpg
20220730_064136731.jpg

登りの逆ですから途中からやっぱり急な岩場を降りていくことになります。

20220730_064607474.jpg
20220730_064627426.jpg
20220730_064631186.jpg
20220730_065034261.jpg

6:55 大汝峰下分岐通過。

20220730_065535243.jpg
20220730_065548786.jpg
20220730_065804887.jpg

6:59 分岐通過。室堂へ。

20220730_065912345.jpg
20220730_070029940.jpg

07:01 千蛇ヶ池分岐。この先室堂へは、山を大きく巻いて戻るか(遠回り)、真っ直ぐ少し登ってから戻るか(近道)が選べます。

20220730_070116918.jpg

近道の方は少しだけ雪の上を歩きます。

20220730_070137081.jpg

お池めぐりコースは遠回りの方です。私もこちらへまわります。

20220730_070150564.jpg
20220730_070230705.jpg

五色池。

20220730_070300287.jpg

そのすぐ隣(下)にあるのは百姓池。

20220730_070312177.jpg
20220730_070455_IMG_6570.jpg
20220730_070625_IMG_6573.jpg
20220730_070634258.jpg
20220730_070810210.jpg
アオノツガザクラとイワカガミ
図37: アオノツガザクラとイワカガミ

思っていた以上に下るみたいです。

20220730_071352297.jpg
20220730_071518416.jpg
チングルマ
図38: チングルマ
ハクサンコザクラ
図39: ハクサンコザクラ
20220730_072023394.jpg
チングルマ
図40: チングルマ

下りきると少し登りになってハイマツ帯を歩きます。

20220730_072447798.jpg
20220730_072630525.jpg
20220730_072800841.jpg
20220730_072933119.jpg

室堂が見えてきました。

20220730_073038825.jpg
20220730_073249177.jpg

上の方はまだ雪が残っています。雪遊びをしたら怒られるかな?

20220730_073507424.jpg
20220730_073536683.jpg
20220730_073602993.jpg
20220730_073619286.jpg
ミヤマキンバイ?
図41: ミヤマキンバイ?
20220730_073744475.jpg
チングルマ
図42: チングルマ
ヒメクワガタ?
図43: ヒメクワガタ?

チングルマがあちこちで見られました。

20220730_073852425.jpg

ハクサンイチゲも探したのですが見当たらず。もう季節が過ぎてしまったのでしょうか。今年は北岳で沢山ハクサンイチゲを見たので白山に来たのはその影響もあったのだと思います。

20220730_074043432.jpg
20220730_074253788.jpg
20220730_074445880.jpg

7:46 白山室堂着。大汝峰から1時間9分でした。

20220730_074632090.jpg

白山室堂で遅い朝食(弁当)

朝食は8:00入場までなので結果的には弁当にする必要はありませんでした。

20220730_074733254.jpg

とはいえもう弁当にしてしまったので仕方がありません。朝食会場の外のデッキ(日陰)でお弁当を開きました。

山小屋寿司(1200円)。漬物の小袋も付いています。

20220730_075016200.jpg

うーん、正直あんまり美味しくない。疲れているからかもしれませんが。

20220730_081641655.jpg

食べ終わったらもう一度ビジターセンターの北側へ。

この景色も見納めですね。

20220730_082407945.jpg

水場でペットボトルにしっかり水を詰めておきます。

白山室堂→別当出合(観光新道)

8:29 白山室堂発。

20220730_082947446.jpg
20220730_082945374.jpg
20220730_083058687.jpg
20220730_083115575_PANO.jpg

いやぁ、素晴らしい眺めです。

20220730_083203754.jpg

登ってくる人と何人もすれ違います。いったい何時から登ってきているんでしょうね。みんな結構苦しそう。最後の登りですからね。

20220730_083927557.jpg

08:41 分岐を通過。

20220730_084154870.jpg
20220730_084220326.jpg
20220730_084407303.jpg
20220730_084413696.jpg
ハクサンフウロ
図44: ハクサンフウロ
20220730_084815184.jpg

08:48 黒ボコ岩着。

20220730_084852625.jpg

岩の左からは登ってきた砂防新道の方向が見下ろせます。

20220730_084942688.jpg

08:50 黒ボコ岩発。分岐を右へ。観光新道へ向かいます。

20220730_085017899.jpg
20220730_085118338.jpg

すぐに見晴らしが良くなりました。

20220730_085127908.jpg

降りていく道がはっきりと見て取れます。これはすごいところに来てしまったぞ。

20220730_085204589.jpg

左手に見える谷間の迫力。

20220730_085304104_PANO.jpg

向こう側に見える山は別山だと思います。

20220730_085442171.jpg

道の脇には色とりどりの花々が咲いています。

20220730_085446413.jpg
20220730_085553308.jpg
20220730_085650173.jpg
20220730_085653507.jpg
クルマユリ
図45: クルマユリ

一瞬だけ見晴らしが無い場所に入ると石が積まれていました。

20220730_085946422.jpg

09:00 蛇塚通過。

20220730_090021784.jpg
20220730_090227625.jpg

すぐにまた見晴らしが良くなります。

20220730_090306560.jpg
20220730_090321843.jpg
20220730_090356534.jpg
ニッコウキスゲ
図46: ニッコウキスゲ
20220730_090517094.jpg
ヤマハハコ
図47: ヤマハハコ
ハクサンシャジン
図48: ハクサンシャジン
タカネマツムシソウ
図49: タカネマツムシソウ
20220730_090632585.jpg

道の脇には本当に沢山の花々が咲いています。さながら天空のお花畑と言ったところです。

20220730_090647873.jpg
20220730_090800435_PANO.jpg
20220730_090814939.jpg
20220730_090816904.jpg
20220730_090859346.jpg
ミヤマダイモンジソウ
図50: ミヤマダイモンジソウ
カライトソウ
図51: カライトソウ
20220730_090940800.jpg

いや、もう本当に最高に綺麗です。

20220730_091003350.jpg
20220730_091007897.jpg

登ってくる人たちは皆苦しそうではありますが。この傾斜ですからね……。

20220730_091054585.jpg
20220730_091057335.jpg
20220730_091136023.jpg
20220730_091147820.jpg

本当に素晴らしい景色ですが日差しを遮るものは一切ありません。7月の日差しはかなり強烈です。

20220730_091344234.jpg
20220730_091407718.jpg
20220730_091446998.jpg

私も下りで心肺的には楽とは言えこの傾斜と日差しです。徐々に疲れてきます。

20220730_091550901.jpg
20220730_091620111.jpg

09:17 馬のたてがみ標識通過。

20220730_091741225.jpg

馬のたてがみというのは何のことなのでしょう。ひょっとしてこの切り立った尾根全体のことを指しているのでしょうか。

20220730_091755641.jpg
20220730_091808052.jpg
20220730_091813298.jpg
ニッコウキスゲ
図52: ニッコウキスゲ
イブキトラノオ
図53: イブキトラノオ
20220730_093018249.jpg
サンカヨウ?
図54: サンカヨウ?
20220730_093318377.jpg
20220730_093321073.jpg

振り返るとどこを通ってきたのか今ひとつ分かりません。

20220730_093422677.jpg
タカネナデシコ
図55: タカネナデシコ

遠くに避難小屋が見えてきました。

20220730_093650857.jpg
20220730_093854089.jpg
20220730_093944555.jpg

09:40 殿ヶ池避難小屋着。黒ボコ岩から50分。

日陰で休みたいと思いましたが中は狭く若者の5人組で一杯。建物の裏にまわると細いスペースに日陰が少し。それでも日なたよりはマシだろうと立って休みましたが、我慢しきれず建物の中に入って若者グループの脇に無理矢理体をねじ込んで座って休みました。汗だくです。

20220730_094045298.jpg

表のベンチ。座れますがやはり日差しがきついです。

20220730_094505549.jpg
20220730_094521401.jpg
20220730_095601651.jpg

汗が引き息も整ったので出発。

09:56 殿ヶ池避難小屋発。

20220730_095604291.jpg
20220730_095631636.jpg

いったいどこまで降りるのやら。

20220730_095659715.jpg
20220730_095742342.jpg
20220730_100045378.jpg

これから歩く道が丸見えです。

20220730_100115698.jpg
20220730_100529257.jpg

先の方に若干の登り返しがあるのが見て取れます。

20220730_100857240.jpg
20220730_101245904.jpg

10:13 七ツ坂標識通過。

20220730_101345355.jpg
20220730_101352571.jpg
20220730_101544600.jpg
ノアザミ
図56: ノアザミ
20220730_101729042.jpg
20220730_101745616.jpg
20220730_102009407.jpg
20220730_102014155.jpg
20220730_102347854.jpg

左は切れ落ちているので岩の上に登って先に進みます。

20220730_102355221.jpg
20220730_102629318.jpg
20220730_102715565.jpg

大きな岩が見えてきました。仙人窟と呼ばれている場所のようです。

20220730_102951903.jpg
20220730_103101189.jpg

10:31 仙人窟通過。トンネルの下は日陰でしたが、すぐ前の集団が腰を下ろしてしまいました。恨めしそうな顔をしながら先に進みます。

20220730_103102505.jpg
20220730_103403545.jpg

時々樹木による日陰が出てくるようになりました。

20220730_103530542.jpg
20220730_103733753.jpg

しかしそれはあまり長くは続きません。

20220730_103813341.jpg

眺めは良いんですけどね。

20220730_104031673.jpg

急激な下りが始まりました。手前では青年がうずくまって息を切らしていました。この急勾配にこの日差しですから体調を崩す人もいるはずです。

20220730_104444838.jpg

いったいどこまで降りるのか今ひとつ分かりません。

20220730_104515796.jpg
20220730_104549187.jpg
20220730_104758228.jpg
20220730_105306756.jpg
20220730_105430993.jpg

10:55 避難小屋から約1時間経過。草むらの陰から唐突に分岐が現れました。どうやらここが尾根から別当出合へ降りる分岐のようです。日陰でも無いので休まず先に進みます。

左へ。

20220730_105529200.jpg

尾根から降りる道は日陰だろうと勝手に想像していたのですが、残念ながらそんなことはありませんでした。

20220730_105556066.jpg
20220730_105638935.jpg
20220730_105641108.jpg
20220730_105740082.jpg

急斜面に作られたつづら折りを左へ右へと折り返しながら下って行きます。

20220730_105927460.jpg
20220730_110032220.jpg
20220730_110521338.jpg
20220730_110916974.jpg

時々は日陰もあります。休むならこういう所に座り込むしかありません。

20220730_111033275.jpg
20220730_111239037.jpg
20220730_111716951.jpg
20220730_112220612.jpg

ここは喜市郎坂というそうです。

20220730_112405533.jpg
20220730_112407972.jpg
20220730_112547063.jpg
20220730_112647484.jpg

11:27 尾根から下ること約30分。ようやく長い急坂が終わりました。しかし右に曲がってもそれほど歩きやすい道ではありませんでした。

20220730_112934562.jpg
20220730_113020446.jpg

勾配は緩やかになりましたが道は細く岩もあって歩きづらいです。

20220730_113144350.jpg
20220730_113247401.jpg
20220730_113338917.jpg
20220730_113459211.jpg
20220730_113516691.jpg
20220730_114337245.jpg

11:46 地図上で林道と交差するあたりまで降りてきました。とはいえ下の方はよく見えません。

20220730_114640262.jpg
20220730_114715770.jpg
20220730_115013100.jpg

ゴールが近づいてきました。ガンバレガンバレ。

20220730_115307574.jpg
20220730_115720713.jpg
20220730_120024724.jpg
20220730_120242045.jpg
20220730_120244367.jpg

別当出合が見えてきました。

20220730_120511779.jpg
20220730_120550322.jpg
20220730_120611092.jpg

12:07 別当出合着。白山室堂から3時間38分でした。

20220730_120613144.jpg
20220730_120700938.jpg

最初にやることは顔を洗うことでした。体中汗びっしょりです。

20220730_120728781.jpg

ベンチで息を整えてからバス乗り場へ向かうとすでに乗車が始まっていました。

20220730_121654942.jpg

バスへ向かいながら横目で気がついた別当茶屋。何か販売しているようでしたが詳しいことは分かりません。

20220730_121714988.jpg

別当出合→市ノ瀬(シャトルバス)

12:17バスに乗車。補助席も含めて全席埋まってからの発車となりました。

20220730_121826740.jpg

12:23 別当出合発。

途中二回ほど下から登ってくるバスをやり過ごすために停車しました。

12:38 市ノ瀬着。

市ノ瀬→金沢駅(白山登山バス)

20220730_123944326.jpg

12:30発の金沢駅行きにはわずかに間に合いませんでした。次は13:30発です。

20220730_123958520.jpg

松任駅(まっとうえき)行きは15:30発と17:30発が残っています。金沢駅行きを逃したら最悪このバスでも帰れることでしょう。

20220730_124035382.jpg

ビジターセンターの中を見学する気力も無く、表のベンチに座って待ちました。

20220730_124107692.jpg

市ノ瀬ビジターセンターの向かい側には永井旅館という宿がありました。

20220730_124225350.jpg

宿の前に自動販売機があったので冷たい飲み物を購入。

20220730_124419712.jpg
20220730_124456458.jpg

以前は外来入浴を提供していたそうですが、昨今はやっていないようです。

20220730_124458711.jpg

ビジターセンターに戻ってバスを待ちます。

20220730_124657621.jpg
20220730_125118895.jpg

消費期限切れのおにぎりを消費。

20220730_130707899.jpg

13:20頃になって別当出合へ向かうシャトルバスが出ると自然に列が出来ました。その前からザックを置いている人もいましたが、最初にザックを置いたお姉さんは後からザックを置いたご年配の集団に抜かされていました。お姉さんは邪魔にならないように乗降場所の後ろにザックを置いたのに対して、ご年配の集団はシャトルバスから降りるなり標識のある場所にザックを立て掛けたからです。ヤレヤレ。私も含めその他の人たちは大分後になってから並び始めました。

20220730_132241203.jpg

バスはロータリーの中心付近に停車。シャトルバスと干渉しないように少し離れた位置に停車します。

20220730_132413617.jpg

トランクルームに荷物を預けて乗車。大きな車両に対して乗客はそれほど多くはありませんでした。

20220730_132904331.jpg

13:32 市ノ瀬発。

20220730_133205340.jpg

道を少し下ったところに同会社のバスが止まっていました。運転手同士で声を掛け合ってすれ違い。おそらく満席になったときのために後続のバスを用意していたのだと思います。

バスは途中いくつかのバス停に停車しながら進んでいきました。特に白峰温泉辺りには日帰り温泉があるというような事を他の人が話していました。実際に乗り降りした人は居ませんでしたし詳細は分かりません。12:30のバスで降りて風呂に入ってこのバスや後の松任駅行きに乗るようなことが出来るのかもしれません。

20220730_135455445.jpg
20220730_135947158.jpg
20220730_141537439.jpg

行きと同じように道の駅しらやまさんで10分ほどトイレ休憩。

20220730_144241471.jpg

今回はここで停車中に車内で運転手から乗車券を購入しました。市ノ瀬から金沢まで2100円です。この乗車券は降りるときにまた運転手に返します。

20220730_144747209.jpg

前は運転手とは別に乗務員がいて乗車券を販売したけれど今はいないと説明していました。人員削減でしょうか。

20220730_154001274.jpg
20220730_154104658.jpg

15:40 金沢駅東口着。市ノ瀬から2時間8分でした。

金沢駅で時間を潰す

さて、帰りの高速バスは23:10発。約7時間半も時間が余っています。とはいえ登山をした後で疲れているためどこかへ(金沢と言えば兼六園?)観光に行く気にもなりません。とりあえず休めるところを探しました。

20220730_154238854.jpg

金沢駅構内の店を徘徊。

20220730_155845248.jpg

そしてたどり着いたのが結局これ。マクドナルド 金沢駅店。

20220730_160206320.jpg

まぁ、安くて気軽に居られる場所ではあります。

しばらく休んだ後に夕食の時間。金沢らしいものをと探したのですが、あまり食べたいものは見つかりませんでした。

格安の高速バスで運賃を節約したのだからここは贅沢に海鮮丼でも、ということでやはり駅構内にあった魚菜屋に入りました。

20220730_170008679.jpg

何だかいろんな物が乗りすぎていてまとまりが無い海鮮丼でした。正直東京で食べても変わらないような気も。これならゴーゴーカレー(金沢駅総本山)でも食べた方がまだ話のネタになりそうです。

外に出てまた休めるところを探し歩きましたが良い所が見つからず。

駅通路にあるベンチに座って時間を潰しましたが暑くて汗だく。

20220730_172225532.jpg

やけに浴衣を着ている人が多いなと思いましたが、近くで花火大会が行われるようです。帰りは混雑するので早めに切符を買っておくようにとアナウンスが流れていました。

スマホでカフェを探すと近くにネットカフェが見つかりました。東京で利用したことがある系列店でスマホに会員アプリも入っているものでした。店舗情報を見るとシャワーや洗濯機の文字が。これだ。

ネットカフェでシャワーと洗濯をする

金沢駅東口から徒歩数分の所にあるビルの6Fにそのネットカフェはありました。

18:38 快活CLUB 金沢駅東口店着。東京の店舗と同じく受付機にスマホの会員証をかざすだけでチェックインできました。

20220730_183701776.jpg
20220730_184044600.jpg

完全個室で鍵付きの部屋。冷房も効いていて涼しいです。

まずはフロントに行ってルームウェアを220円でレンタル。

次にシャワールームで体を洗い、持っていたフェイスタオルで拭いてルームウェアに着替えます。下着は近くの店であらかじめ買ったものに着替えましたが、ここでも買えたかもしれません。

洗濯機に300円を投入して洗浄ボタンを押して終わったら服やタオルを投入。洗剤は自動投入するタイプだったので不要。30~40分ほどで洗濯が終わるので部屋でドリンクでも飲んで待ちました。

洗濯が終わったら乾燥機に入れて乾かします。30分100円。

これでスッキリ。

後はノンビリ涼み、3時間滞在して1640円でした。

21:42 快活CLUB発。

20220730_214302021.jpg

徒歩数分で金沢駅。

20220730_214515513.jpg

金沢駅→新宿(夜行の高速バス)

金沢駅構内北側の商業施設(Rinto?)に入るとほとんどの店は既に閉まっていましたが、新幹線の待合所がありました。こんな所にあるとは。

20220730_222109273.jpg

少し休憩してからセブンイレブンに寄ってお茶を購入。花火を見終わった人たちでごった返していました。

20220730_222707295.jpg

22:36 金沢駅西口2番のりば着。

20220730_223657824.jpg

23:04 少し遅れて到着したバスに乗車。

20220730_230455795.jpg

乗車したのはオリオンバス3012便。金沢駅23:10発→バスタ新宿6:30着。運賃は3300円。東京方面へ行くバスは複数ありましたが、運賃が安く乗車時間が短かったのでこれにしました。新宿の後、東京ディズニーランドにも行くようです。

座席は3/4くらいは埋まっていました。

席と席、席と通路の間にカーテンが設置されています。

座席が最初から倒されているのは嬉しいですね。

ただ、AC100V電源が前の座席の裏側下部、座席と座席の間の少し右側に二つまとめて設置されています。ちょうど右の人の足に被っているので使うのが憚られました。バッテリーに余裕があったので使いませんでした。

また、カーテンがあるせいか冷房の風が当たりにくく暑いです。

とはいえ今朝は早かったですし疲れてもいるのでよく眠れました。休憩の時には目が覚めましたがまたすぐに眠れました。

23:10 金沢駅西口2番のりば発。

2022年7月31日(日) 6:20 バスタ新宿着。新宿駅から電車に乗って帰りました。

20220731_062316126.jpg

感想

初めての白山。思っていた以上に綺麗なところでしたが、大変さも思っていた以上でした。

辺りには小学生くらいのちびっ子が沢山歩いていて道も良く整備されていますし何だか初心者向けの雰囲気が漂っていますが、室堂までの標高差が1200mという時点でそこまで易しい山ではないことに気がつくべきでしょう。夏の日差しも厳しいですし、甘く見ていると痛い目を見るかもしれません。室堂で泊まるなら時間もありますしゆっくり登りましょう。

時期が良かったのか本当に沢山の花々が見られて大満足でした。白山と言えばハクサン何とかと名付けられた花が多数ありますが、そのうちいくつかを実際に見ることも出来ました。他にも多種多様色とりどりの花が咲いていて山の風景と合わさって本当に美しい世界でした。

室堂も広々としていてノンビリするにはうってつけの場所でした。ただそこに行くのに4時間登るとなると軟弱な私は乗鞍立山でいいやと思わなくも……げふんげふん。

天気にも恵まれ無事ご来光も見られました。その後のお池めぐりと大汝峰も予定通り歩けましたし、観光新道も素晴らしい眺めでした。知人に白山に行くと話したら観光新道はハードだから止めておけと脅かされたのですが、この景色はちょっとくらいハードでも見ておくべきでしょう。ただし熱中症には気をつけた方が良いですね。個人的には観光新道を登りで使うというのはちょっと想像できないです。

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ 人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。