月山(新宿→月山八合目→リフト・姥沢→山形・山寺→東京)

2022年9月9日(金)~12日(月)、山形県にある月山(がっさん)に行ってきました。

きっかけは、最近月山の綺麗な写真をいくつか見ていたことと、直近の天気が長野方面等より東北地方の方が良さそうだったことです。

月山の概要は例によってWikipediaでも見ておいて下さい(手抜き)。

月山 – Wikipedia

アクセス

月山ビジターセンターの登山トレッキングコースによれば、月山山頂へ至る登山口には次の場所があるようです。

ほとんどの登山口にバスでアクセスできるのは驚きです。とは言え細かく調べていないのでどこかに落とし穴があるかもしれません。お出かけの際は事前によく調べてください。

人気のある登山口は初級の二つ。北の羽黒山口(月山八合目)と南の志津口(姥沢・月山ペアリフト)です。

羽黒山口(月山八合目)へのアクセス

羽黒山口は月山の北側にある登山口です。最寄りのバス停は月山八合目です。

月山八合目バス停へ行くには庄内交通の羽黒・月山線を利用します。

主な観光地へのバス路線「羽黒・月山線」|庄内交通

この路線は、鶴岡駅近くにあるショッピングモール「S-MALL」に併設されているエスモールバスターミナルと月山八合目を結びます。所要時間は約2時間、運賃は2022年現在2140円です。

ただし、 運行日が限られているので注意してください。 必ず庄内交通のサイトで運行日を確認してからお出かけください。2022年の運行日は、7~8月の金土日祝、9月の土日祝、追加で8月第1~2週の全日、9月の第4週の全日となっていました。

次に東京方面からこの路線に乗る方法について。前日に電車で鶴岡駅まで行きこの路線上のどこかで宿泊するというのも一つの手なのですが(実際に途中から乗り込んできた登山者は何人かいました)、東京方面から月山へ行くだけならピッタリの高速バスがあります。

東京・新宿線|高速バス|庄内交通

庄内交通と国際興業バスが共同運行するこの東京~酒田を結ぶ高速バスは、鶴岡でエスモールバスターミナルを経由します。

2022年現在の時刻表によるとエスモールバスターミナルに05:20着。続く月山八合目行きの路線バスは06:00発なので、(夜行なのでほとんどありませんが)少し遅延しても大丈夫ですし、乗り換えの時に休憩する時間も取れるでしょう。

乗り継いだ後、月山八合目の到着予定時刻は8:00です。

志津口(姥沢)へのアクセス

志津口は月山の南側にある登山口です。最寄りのバス停は姥沢です。

姥沢バス停は西川町が運行する路線バス「月山志津温泉線」のバス停です。

町民の方へ|生活情報|路線バスの運行について

月山志津温泉線は西川IC(時々西川中学校)と姥沢の間を結んでいます。

西川ICには高速バスのバス停が併設されており、高速バス山形~酒田線(予約不要)や高速バス仙台~酒田線(要予約)が停車します。姥沢へのアクセスはここで乗り継ぐのが最も分かりやすい経路となります(細かく見て行くと他にも別のバス停で乗り換えたり電車に乗り継いだりする経路もありますがそれほど大きな利点はありません)。

山形線(6/1~10/31)|高速バス|庄内交通

本荘・酒田・鶴岡⇔仙台線|高速バス|庄内交通

また、姥沢から上はリフトを利用するのが断然楽です。月山観光のサイトでリフトの運行状況をチェックしましょう。

月山観光開発(株)| 山形県「月山スキー場」から旬な情報をお届けします

アクセスのページにはバスの乗り継ぎ案内表が掲載されているので非常に参考になります。

アクセス | 月山観光開発株式会社

山形・仙台から姥沢へは最早で9:34着です(2022年)。

東京からでも山形行きの夜行バスに乗ればこの時間に到着できます。月山八合目の方が到着時刻が早く乗り継ぎも楽だと思いますがバスの運行日が限られます。こちらは平日でも行けるのが利点です。

新幹線だと始発を使って仙台・山形どちらを経由しても姥沢到着は12:20になってしまうようです。

なお、リフトの乗車時間は約15分ほどでした。姥沢~リフト下駅間はコースタイム15分ほどと書いてある地図が多いようです。売店を利用したりチケットを買うのに並ぶ必要がある場合だともう少し時間がかかるでしょう。

毎日あるぺん号ではわずかですが月山へ行くバスを運行しているようです。到着はこの姥沢です。条件が合えば検討対象に加えても良いでしょう。

今回の交通手段

当日はバスの運行日なので、アクセスが容易で早い時間に到着できる月山八合目へ向かうことにしました。

バスタ新宿エスモールBT月山八合目7800円2140円夕陽号羽黒・月山線21:5505:2006:0008:00

帰りはリフトを使って姥沢へ降り、山形を経由して東京に戻ることにしました。姥沢~山形間はもう少し遅い時間を想定していましたが、一本早いバスに乗ることが出来ました。

姥沢西川IC山交BT500円1210円月山志津温泉線山形-酒田線14:2015:1015:3516:12徒歩西川BS数分05:3022:30かごたびライナー山形便2400円(特割)鍛冶橋駐車場山形駅西口

今回の山行ルート

合計距離: 12072 m
総所要時間: 06:05:12

旅の様子

バスタ新宿→エスモールバスターミナル(鶴岡)

2022年9月9日(金) 20:50頃、バスタ新宿にやってきました。

20220909_204758844.jpg
20220909_205446579.jpg

そしていつも通りバスタ新宿内のファミリーマートで食料を購入。おにぎりとパン、飲み物を買いました。

乗車するのは庄内交通の鶴岡・酒田行き発車オ~ライネットを通じて前日(8日)に予約しました。新宿からエスモールバスターミナルまでの運賃は7800円でした。

20220909_210709579.jpg

乗車するバスは数十分前から乗り場に停車していました。このバスは夕陽号という名前だそうです。

20220909_214235909.jpg

21:45 B4乗り場より乗車開始。ザックをトランクルームに預けて乗車しました。

今回乗るバスは3列シート。隣の人と腕が当たらないのはもちろん、肩幅の広い男性でも肩をすぼめずに乗る事が出来ます。

20220909_214515819.jpg
20220909_214657262.jpg

私の座席は最後尾の中央。

20220909_214534238.jpg

電源はAC100Vタイプ。ミニテーブルまで付いています。寝るだけなので使いませんが。

20220909_214544280.jpg
20220909_214751301.jpg

座席は上下に動く枕、レッグレスト、フットレストを完備。ただ、個人的にはフットレストを使うと足が十分に伸ばせず窮屈でした。

もちろんトイレ完備。車内中央右側にありました。カーテンを開けると下に降りる短い階段があり、その後トイレがあります。トイレに行く人もそれほど多くはありませんし、構造的にも近くの席でもそれほど気にならないのではないかと思います。

20220909_214523588.jpg

左の座席と右の座席にカーテンが備え付けられています。左右の人は個室感がありますが少々窮屈、中央の人は開放的ですが人が通る場合があるといったトレードオフでしょうか。

20220909_215516321.jpg

今回左隣の人はいませんでした。予約時には埋まっていたような気がしますしバスタ新宿の掲示板にも満席と書かれていたので急なキャンセルかもしれません。

20220909_215122268.jpg

カーテンが閉まっていないのでエアコンの吹き出し口を自由に操作できました。風もカーテンに遮られません。

20220909_220747691_NIGHT.jpg

21:55 バスタ新宿発。

バスは東京駅、秋葉原、上野を経由して高速道路に入り消灯となりました。

途中大谷PAで10分、安達太良SAで20分、山形蔵王PAで7分ほど休憩。いずれもアナウンスは無く前のカーテンが開いたら前に掲げてある出発時刻まで外に出られるという仕組みでした。

鶴岡ICの手前で照明が点灯。アナウンスがあり、まずは庄内観光物産館を経由。

そして 2022年9月10日(土) 05:29 エスモールバスターミナルに到着。新宿から7時間34分でした。

20220910_052958232.jpg

エスモールバスターミナル→月山八合目

到着したのは山形県鶴岡市にあるエスモールバスターミナル。S-MALLというショッピングモールの裏手にあります。

自動販売機、ベンチ、トイレがある綺麗なバスターミナルでした。ショッピングモールとつながっているのかはよく分かりませんでした(追記:エスモールのフロアマップによればつながっているようです)。どのみちショッピングモールが営業している時間ではありません。

20220910_053053878.jpg
20220910_053058761.jpg
20220910_053101954.jpg
20220910_053143709.jpg
20220910_054641719.jpg
20220910_054752492.jpg

月山へ向かうバスの乗り場は1番ということで、その前でおにぎりを食べながら待ちました。

20220910_053630459.jpg
20220910_054041417.jpg

05:58 バスが到着。普通の路線バスタイプ。後乗り前降り、Suica対応。

20220910_055830626.jpg
20220910_055936937.jpg

06:00 エスモールバスターミナル発。

すぐに鶴岡駅に停車。ここでも乗客を数人乗せました。この時点で乗客は14人程度でした。

20220910_060403877.jpg

町を抜け橋を渡ると辺りは水田地帯に。奥には月山も見えます。

20220910_061748850.jpg

月山とは反対側に見える独立峰は鳥海山です。どちらもちょっと霞んでいますね。

20220910_062251292.jpg

06:36 羽黒随神門で数人乗り降りがありました。

また、いでは文化記念館前で数分停車。

06:55 羽黒山頂バス停着。ここでしばらく休憩。すぐ近くにトイレもあります。二人乗車。

20220910_065838385.jpg
20220910_065552659.jpg

07:05 羽黒山頂バス停発。

休暇村庄内羽黒と荒沢寺・ビジターセンター前で一人ずつ乗車。

20220910_071934556.jpg

次第にバスは細い道をグネグネと曲がりながら登っていくようになります。先日乗った秋田駒ヶ岳へ行くバスを思い出しました。また、○合目と名前の付いたバス停を一つずつ通過していきました。

20220910_075114178.jpg
20220910_080308580.jpg
20220910_080358614.jpg

08:04 月山八合目バス停着。エスモールバスターミナルから約2時間。運賃は2140円でした(Suica払い)。

20220910_080443058.jpg

バスの移動経路:

合計距離: 68757 m
総所要時間: 02:04:20

月山八合目

20220910_080501731.jpg

駐車場奥の小さな建物。右側の扉には管理室と書かれています。脇には登山届のポストもあります。

20220910_080556966.jpg

左側はトイレ。一回100円以上の募金だそうです。トイレの中には登山届の用紙が置いてありました。トイレの中にあるのは珍しいのでは?

20220910_080623118.jpg

建物の右側に何かがあります。

20220910_080818718.jpg
20220910_080829451.jpg

月山八合目と書かれた石碑。

20220910_081310998.jpg

それと展望図。

20220910_080836871.jpg
20220910_080850170.jpg

その右手~背後には庄内平野や鳥海山が見えます。

20220910_081302600.jpg
20220910_081306334.jpg

八合目の標高は1400m弱。山頂は2000m弱なのでだいたい600mくらいの標高差があります。山頂より低いですが鳥海山や庄内平野はこちらの方が近いので十分見応えがある景色です。

08:14 トイレのある小さな建物に戻ります。

20220910_081328_IMG_6650.jpg
20220910_081405038.jpg
20220910_081421373.jpg

小さな建物から少し登ったところにあるのが月山レストハウス。

20220910_081501717.jpg

中にはお土産コーナーや軽食コーナーとおぼしきものが見えました。

20220910_081509393.jpg
20220910_081519298.jpg

レストハウスから見た駐車場。なかなかの見晴らしです。

20220910_081530216.jpg

霞んでいなければもっと綺麗でしょうね。そういう日もあるのでしょうか?

20220910_081543217.jpg

月山八合目~中ノ宮~弥陀ヶ原湿原

08:15 月山レストハウス発。

ハクサンフウロ
図1: ハクサンフウロ
ウメバチソウ
図2: ウメバチソウ
ミヤマアキノキリンソウ?
図3: ミヤマアキノキリンソウ?
ノコンギク?
図4: ノコンギク?

08:17 少し登るとすぐに分岐が現れました。

20220910_081716725.jpg

右は月山への最短ルート。左は湿原を長く歩くコースです。

20220910_081750614.jpg

湿原の様子をじっくり見たかったので左へ。幸い今日は良い天気ですし時間にも余裕があります。

20220910_081825132.jpg
20220910_082029402.jpg
20220910_082033207.jpg
20220910_082151422.jpg

すぐに建物の屋根が見えてきます。

20220910_082155670.jpg
20220910_082307_IMG_6651.jpg
エゾオヤマリンドウ
図5: エゾオヤマリンドウ

08:26 月山御田原参籠所(中ノ宮)着。

20220910_082615071.jpg
20220910_082640_IMG_6653.jpg
20220910_082648_IMG_6654.jpg

右はショートコース、左はロングコース。左へ。

20220910_082702358.jpg

08:27 月山御田原参籠所(中ノ宮)発。

20220910_082811_IMG_6656.jpg
ウメバチソウ
図6: ウメバチソウ
20220910_082923_IMG_6659.jpg
20220910_082958744.jpg
20220910_083041596.jpg
20220910_083044358.jpg

なだらかで美しい稜線が奥に向かって続いています。

20220910_083126631.jpg

その先は月山山頂の方向ですが、あのトップが月山の頂上というわけでは無いようです。見えているのはせいぜい佛生池小屋の前後のピークまで。月山山頂はその裏側に隠れていると思います。

20220910_083149141.jpg
20220910_083153751.jpg

池塘」を説明する看板。同様の看板は日本全国あちこちの湿原に立っています。看板の写真を集めて比較したら面白いかもしれません。

20220910_083206375.jpg
20220910_083245_IMG_6662.jpg
20220910_083314540.jpg
20220910_083316833.jpg
20220910_083405660.jpg
20220910_083423628.jpg
20220910_083442_IMG_6663.jpg

08:35 分岐。地図で見ると左は行き止まりになっています。それほど遠くはありませんし寄り道してみます。

20220910_083503565.jpg
20220910_083552_IMG_6664.jpg
20220910_083610121.jpg

オゼコウホネは水の上にハスのように浮かんで咲く黄色い花だそうです。もう季節は過ぎてしまっています。

20220910_083623648.jpg
20220910_083717349.jpg
20220910_083728369.jpg

08:37 行き止まり。引き返します。

20220910_083754924.jpg
20220910_083758235.jpg

この水に浮いている丸い葉っぱがオゼコウホネなのでしょうか?

20220910_083823610.jpg
20220910_083954484.jpg
エゾオヤマリンドウ
図7: エゾオヤマリンドウ

08:41 分岐まで戻ってきました。

20220910_084157417.jpg
20220910_084204789.jpg
20220910_084253589.jpg

花のシーズンを説明する看板。ミヤマリンドウがかろうじて時期にかかっているくらいでしょうか。この辺りではあまり見なかったような。

20220910_084309354.jpg
20220910_084354905.jpg

水中には何かが棲んでいます。

20220910_084404466.jpg

分岐……のように見えますが一方はロープで塞がれています。

20220910_084444651.jpg
20220910_084537640.jpg

よく見ると草は部分的に紅葉しています。

20220910_084544265.jpg

全体を見てもほんのり赤く感じます。もっと紅葉が進むと綺麗でしょうね。

20220910_084620466.jpg
20220910_084631791.jpg

弥陀ヶ原湿原の説明看板。このなだらかな山が火山だというのだから驚きですね。どこから噴火したのでしょう。

20220910_084637825.jpg
20220910_084753_IMG_6671.jpg
20220910_084804080.jpg
「月山天然記念物」と書かれた標識
図8: 「月山天然記念物」と書かれた標識
20220910_084959874.jpg
20220910_085001684.jpg
20220910_085011284.jpg
20220910_085052_IMG_6675.jpg
20220910_085140_IMG_6678.jpg
20220910_085208487.jpg
20220910_085355_IMG_6680.jpg

08:54 分岐(十字路)着。八合目からだいたい40分くらい。

20220910_085438452.jpg

ここは、月山八合目からの最短コース、中ノ宮からのショートコース、ロングコース、月山山頂へのコースが合流する十字路です。

20220910_085442191.jpg
20220910_085449508.jpg

少しだけ八合目方面へ進んだ所からの眺め。

20220910_085505675.jpg
20220910_085545594.jpg

弥陀ヶ原湿原→佛生池小屋

08:56 分岐発。月山山頂は南の方角です。

20220910_085629112.jpg

ここからは岩が敷き詰められた道になりました。

20220910_085647273.jpg
20220910_085720006.jpg
20220910_085827_IMG_6681.jpg

足下には少し大きめな岩も頻繁に現れます。基本的には歩きやすい道ですが、この岩のせいで微妙に歩きづらさを感じました。

20220910_085923763.jpg

振り返って見た弥陀ヶ原湿原。

20220910_090036_IMG_6682.jpg
20220910_090043_IMG_6683.jpg

少し斜度が上がったと思っても……

20220910_090108466.jpg

すぐに緩やかな道に戻ります。

20220910_090231972.jpg
20220910_090703317.jpg
20220910_091523522.jpg

こういう広いところでは休んでいる人をよく見かけました。

20220910_091559_IMG_6688.jpg
20220910_092235794.jpg
20220910_092812005.jpg
20220910_092852_IMG_6691.jpg
20220910_093033628.jpg
20220910_093420421.jpg
20220910_093705129.jpg
20220910_093725_IMG_6696.jpg
20220910_093809285.jpg

何かの標識の跡のようですが文字は判別できませんでした。

20220910_094004783.jpg

この辺りは右手側に1758.7mのピークがあります。ピークを踏まず下の方を巻いて進むのでそれほど急勾配にはなりません。

20220910_094421635.jpg
20220910_094649439.jpg

この辺りで小屋が見えるはずだけど見えないな……と思いながら歩いていると唐突に屋根が現れました。

20220910_094757400.jpg

小屋の左側。岩が飛び散ったようになっています。

20220910_094909_IMG_6697.jpg
20220910_094912_IMG_6698.jpg
20220910_094942089.jpg

小屋の手前、右側にあるのが佛生池(ぶっしょういけ)です。

20220910_095005005.jpg

09:50 佛生池小屋着。分岐(十字路)から1時間弱くらいでした。

月山佛生池小屋ホームページ

ここは標高1743m。月山九合目にあたる場所だそうです。

20220910_095030447.jpg

ソフトクリーム550円、ワッフル600円、トッピングのソースが150円。時間に余裕はありますし、小腹も空いたので少し休んでいきましょう。

20220910_095102114.jpg
20220910_095209706.jpg
20220910_095313457.jpg

ソフトクリーム+いちじくソース(700円)。

20220910_095343087.jpg

トイレあり(100円)。

20220910_095934328.jpg
20220910_095949_IMG_6701.jpg
20220910_100009_IMG_6702.jpg

佛生池小屋→月山山頂

10:05 佛生池小屋発。

20220910_100539224.jpg
キオン?
図9: キオン?
20220910_100749461.jpg

いつ振り返っても素晴らしい景色が広がっています。

20220910_101046020.jpg
20220910_101254_IMG_6705.jpg

「月山とお花畑をめぐるみち(奥の細道)」「オモワシ山」と書かれた標識。

20220910_101415359.jpg

「月山とお花畑をめぐるみち」は東北自然歩道(新・奥の細道)のコース名のようです。

オモワシ山はこの上の1828mのピークのようです。月山ビジターセンターのページによれば、名前は自らを頂上と思わせることから来ているようです。確かにこのピークに隠されてずっと月山山頂が見えずに来ました。

多少岩が多い歩きづらい道を上りますがピークの脇を巻いていくので傾斜は緩やかです。

20220910_101433754.jpg
20220910_101439679.jpg
20220910_101740384.jpg
20220910_101802_IMG_6706.jpg
20220910_102027726.jpg
20220910_102140316.jpg

オモワシ山(1828mピーク)の脇を抜けるとようやく月山の山頂が見えてきます。

20220910_102318_IMG_6708.jpg
20220910_102357376.jpg
20220910_102632983.jpg
ミヤマキンバイ?
図10: ミヤマキンバイ?

と、ここで見覚えのある白い花が。これはハクサンイチゲでしょう。

ハクサンイチゲ
図11: ハクサンイチゲ

今年は6月に北岳で嫌と言うほどハクサンイチゲを見ました。しかしその後に行った白山では見ることが出来ず(ハクサンなのに……)残念に思ったものです。夏の終わりにもう一度見られて嬉しいです。

ハクサンイチゲ
図12: ハクサンイチゲ
20220910_103155401.jpg

ちょっと段差が大きいところを通過。もちろん極々短い区間です。

20220910_103320039.jpg

行者返しという場所だそうです。

20220910_103321861.jpg
20220910_103344439.jpg
20220910_103433_IMG_6715.jpg

登った後は少し休憩したくなりますよね。眺めも最高です。

20220910_103526_IMG_6716.jpg

東側の眼下には湿原が広がっています。あの辺りへ降りる道は無いようです。

20220910_103604273.jpg
20220910_103638570.jpg
ハクサンイチゲ
図13: ハクサンイチゲ
20220910_103927_IMG_6718~2.jpg
20220910_104148_IMG_6722.jpg
20220910_104300126.jpg

岩の無い区間は歩きやすくて最高です。

20220910_104555822.jpg
20220910_104734042.jpg

月山とお花……これも東北自然歩道(新・奥の細道)の標識でしょうね。

20220910_104744177.jpg
20220910_104931899.jpg

10:49 稜線上に出ました。

20220910_105134_IMG_6724.jpg
20220910_105416_IMG_6726.jpg

皆が思わず足を止めてしまうような良い景色。私も少し休憩。

20220910_105442611.jpg

10:54発。

10:57 少し進むと途中から木道に変わります。右側歩行。

20220910_105739632.jpg

左手に見えた大きな岩塊。

20220910_105803242.jpg
20220910_105943913.jpg

11:02 木道終わり。

20220910_110207391.jpg

稜線上に建物の屋根が見えてきました。

20220910_110335712.jpg
20220910_110351894_PANO.jpg

人が増え周囲が賑やかになってきました。おそらく姥沢側から登ってきた人たちがいるためだと思います。

20220910_110450390.jpg
20220910_110719563.jpg
20220910_110723127.jpg
20220910_110729964.jpg
20220910_110749981.jpg
ミヤマリンドウ
図14: ミヤマリンドウ
20220910_111013491.jpg
20220910_111040332.jpg

11:11 分岐。屋根が見えるのは先の方ですが多くの人が右に上っています。私もとりあえず右へ。

20220910_111132925.jpg
20220910_111239480.jpg

三角点が現れました。

20220910_111254917.jpg

11:12 月山三角点着。佛生池小屋から1時間7分、月山八合目から約3時間でした。

月山山頂

三角点があるのは数メートル四方くらいの狭い場所です。記念撮影をする人たちで混雑していました。

20220910_111312581.jpg

三角点の標高は1979.8m。だいたい2000mと言って良いでしょう。隣の建物がある方が明らかに高いですが、そちらは標高1984mということですから4.2m差ということになります。

20220910_112135509.jpg
20220910_111600716.jpg
20220910_111620024.jpg

もちろん鳥海山や庄内平野も見渡せます。素晴らしい景色ですがもう少しハッキリ見えてくれたらもっと綺麗でしょうね。

20220910_112225_IMG_6731.jpg
20220910_112157095_PANO.jpg

西側は少々雲が邪魔ですが地図で見ると日本海まで山地が広がっているようです。

20220910_112247026.jpg
20220910_112250875.jpg
20220910_112252210.jpg
20220910_112316693.jpg
20220910_111832_thb.jpg

11:24 月山三角点発。

20220910_112356015.jpg

下の分岐に戻って今度は先の建物の方へ。

20220910_112549398.jpg

さらに奥には山小屋が見えます。周囲の斜面には沢山の人が座って休んでいました。ちょうどお昼ご飯でしょうか。

20220910_112859373.jpg
20220910_112947205.jpg

山頂の一番高いところに陣取っているのが月山神社です。中から見える景色は三角点と大差はありません。

20220910_112951747.jpg

月山神社より先に行くとすぐにあるのが月山頂上小屋です。

20220910_113608682.jpg

11:40 月山頂上小屋着。

20220910_114034501.jpg

月山頂上小屋

20220910_114036719.jpg

玄関には軽食メニューが張り出されていました。コンビニでパンを買ってありましたが、せっかくなのでお昼ご飯はここで食べることにしました。

20220910_114051449.jpg
20220910_114522164.jpg

11:46 カレーライス(1000円)。ややキーマカレーっぽいような、そこまででも無いようなカレーです。

20220910_114645807.jpg

食べながらこれからの予定を考えました。

八合目から山頂までだいたい40分くらい前倒しで進むことが出来ました。食べ終わっても予定の出発時間までまだ30~40分くらいあります。

山頂でゆっくりする計画を立てていましたが、既に山頂を過ぎてしまいましたし人も多く、もういいかなーという気がしてきました。

16:00姥沢発のバスに乗る予定でしたが、このバスは西川バスストップでの待ち時間が長い(55分)という欠点があります。

一つ前のバスは14:20姥沢発ですが、これだと西川バスストップでの待ち時間は25分で済みます。

姥沢までのコースタイムは、リフトを15分と見積もると休憩無しで2時間35分。20分くらい足りない計算になります。しかしここからは下りですし、距離も短く体力もまだあるので間に合う可能性は十分あります。

すんでの所で乗り逃したら姥沢で1時間40分待ちです。まぁ、それも良いでしょう。

というわけで早々に出発することにしました。

月山頂上小屋→牛首分岐

12:06 月山頂上小屋発。

20220910_120638124.jpg

小屋を出て左へ。

すぐに分岐。左は肘折方面と書かれていますが、そちらは片道10時間前後かかる上級者コースです。真っ直ぐ先へ進みます。

20220910_120714609.jpg
20220910_120909848.jpg

すぐにまたY字に分かれた分岐。左は本道寺口、岩根沢口へ至るルートで月山の南東側に降りることになります。こちらも概ね中~上級者向けです。右へ。

20220910_120931422.jpg

振り返ると月山神社が見えます。月山の写真としてよく見かける絵はこちら側から撮影したものだったんですね。

20220910_121049073.jpg
ハクサンイチゲ
図15: ハクサンイチゲ
20220910_121216361.jpg

12:12 俳句の書かれた石碑の向こうには雄大な景色が広がっていました。

20220910_121234338.jpg
20220910_121253516.jpg

これから歩く道が丸見えです。

20220910_121416453.jpg

それなりに急勾配な道。上ってくる人は結構苦しそうです。

20220910_121520254.jpg

振り返って見ると結構な勾配。うーん、これを上るのは疲れそうですね。向こうからの上りで良かったです。向こうにはソフトクリームもありましたしね! ただ、距離は短いのでコースタイムは姥沢(リフト上)からの方が短いようです。

20220910_121841208.jpg
20220910_121905156.jpg

どんどん下ります。

20220910_121949787.jpg
ミヤマキンバイ
図16: ミヤマキンバイ
20220910_122555856.jpg
20220910_122609474.jpg

砂で滑ってバランスを崩している人もいました。ただ、埋まっている岩が案外しっかりしているのでうまく選んでいけばそれほどでもないと思います。

20220910_122811964.jpg
20220910_123009711.jpg
20220910_123015358.jpg
20220910_123602306.jpg
20220910_123628950.jpg
20220910_123924337.jpg
20220910_124136828.jpg
20220910_124156482.jpg

左の方にダムのようなものが見えてきました。

20220910_124237436.jpg

しかし帰ってからよく調べてみるとこれはダムでは無く寒河江ダムに架けられた橋のような気がします。

20220910_124242409.jpg

唐突に右側から黒い雲が。

20220910_124336730.jpg

幸い歩いているところまでは来ませんでした。

20220910_124751728.jpg
20220910_125232341.jpg
20220910_125509736.jpg
20220910_125542773.jpg

振り返ったところ。稜線の西側だけ見事に真っ白です。

20220910_125612011.jpg
20220910_125637689.jpg

12:56 牛首分岐着。月山頂上小屋から50分でした(コースタイム1時間)。少し休憩。

20220910_125702825.jpg

標識には次のように書かれています。

  • 月山山頂まで約1.1km 60分
  • 姥ヶ岳経由→リフト上駅まで約2.1km 70分
  • 姥ヶ岳経由しない→リフト上駅まで約1.8km 60分
  • リフト営業時間8:00~(上り)16:15, (下り)16:30
20220910_125709257.jpg
20220910_125718342.jpg
20220910_125919545.jpg

牛首分岐→金姥→姥ヶ岳

12:59 牛首分岐発。分岐を右へ。上の道を歩いて姥ヶ岳を目指します。

20220910_130025_IMG_6738.jpg
20220910_130211_IMG_6739.jpg

ここもなかなか素晴らしい眺めです。

20220910_130236_IMG_6740.jpg
20220910_130744235.jpg

終始とても歩きやすい道です。

20220910_130911806.jpg

眼下に見える道。木道でしょうか。複数の道が並行しているように見えます。

20220910_130943842.jpg
20220910_131041280.jpg

右手側の景色。この谷間は月山の西側、湯殿山神社へ続いています。

20220910_131106_IMG_6742.jpg
20220910_131247911.jpg

下った後の上り坂が見えてきました。嫌だなぁ。

20220910_131351025.jpg
20220910_131713431.jpg

13:18 金姥(かなうば)分岐通過。牛首から19分でした(コースタイム40分!?)。

20220910_131806451.jpg

久しぶりの上りにヒィヒィ言っています。

20220910_132015846.jpg

13:22 突然道が木道に変わりました。

20220910_132252912.jpg

それでもやや上り基調の道が続きます。

20220910_132257093.jpg

その後なだらかな道に。

20220910_132622523.jpg
20220910_132625438.jpg
20220910_132631632.jpg
20220910_132735106.jpg
20220910_132912745.jpg
20220910_132916572.jpg
花が開いているエゾオヤマリンドウ
図17: 花が開いているエゾオヤマリンドウ
20220910_133014259.jpg

13:30 姥ヶ岳山頂着。ちょっと休憩。

20220910_133033697.jpg
20220910_133050447.jpg

なだらかな山頂はほぼ木道だけで出来ていました。ベンチあり。

20220910_133143576.jpg

向こう側から人が来たので分岐だと思っていたのですが、今地図を見ると分岐ではありません。航空写真を見ると木道で周回するコースが組まれています。何か花でも見られるのでしょうか?

20220910_133127546.jpg

月山へ続く滑らかな稜線もここで見納めです。

20220910_133130506.jpg
20220910_133214183.jpg

姥ヶ岳→リフト上駅

13:32 姥ヶ岳山頂発。

少し赤く色づいた湿原。

20220910_133328_IMG_6744.jpg

そして最後の急下降です。急と言っても先日の白山の観光新道と比べたらなんてことはありません。ゆるゆるな階段です。

20220910_133510527.jpg

距離も短いですしね。すぐ下にリフトが見えます。

20220910_133608826.jpg

リフトの先にバス停のある姥沢の駐車場が見えます。ここからだとまだまだ遠くに見えますが、こちらにはリフトという文明の利器がついています。

20220910_133611765.jpg

リフト上駅。赤い建物は休憩所です。

20220910_133613678.jpg
20220910_133616351.jpg
ミヤマリンドウ
図18: ミヤマリンドウ

13:42 分岐通過。牛首で別れた道と合流しました。

20220910_134222560.jpg
20220910_134304234.jpg

13:47 月山ペアリフト上駅着。金姥から29分(コースタイム30分)、月山頂上小屋から1時間41分(コースタイム2時間10分)でした。30分短縮。これなら14:20のバスに間に合います。

20220910_134645656.jpg
20220910_134659736.jpg

姥ヶ岳休憩所の中には自動販売機がありました。

20220910_134721008.jpg
20220910_134731238.jpg
20220910_134732911.jpg

月山ペアリフト

600円支払ってリフトに乗車。紙のチケットなどはありませんでした。

20220910_134748332.jpg

13:48 月山ペアリフト上駅発。

20220910_134836043.jpg

最初は良い眺めなのですが、段々標高が低くなり樹木も多くなって単調な眺めが続き退屈になってきました。

20220910_135436050.jpg
20220910_140101738.jpg
20220910_140207617.jpg

14:02 月山ペアリフト下駅着。乗車時間は14~15分程度でした。案外長く感じました。

20220910_140230462.jpg

リフトを降りて建物の右手に回り込んで中に入るとチケット売り場や売店がありました。

20220910_140249658.jpg
20220910_140251942.jpg
20220910_140302158.jpg
20220910_140303370.jpg

素早く外へ。

20220910_140352728.jpg

月山ペアリフト→姥沢バス停

14:03 月山ペアリフト下駅発。舗装路を下って行きます。

20220910_140557693.jpg

中間の駐車場(?)にあったフラワー情報。撮影した花の答え合わせが出来ます。ありがたい。

20220910_140625693.jpg
20220910_140726879.jpg

月山リゾートイン。ランチや日帰り入浴をやっているようですが終了時間がかなり早いです。もう少し遅くまでやっているとバスを乗り逃した時に利用できるのですが。Webサイトに情報が載っていないので事前にやっているか知るには電話でもするしかなさそうです。

20220910_140858384.jpg
20220910_140900650.jpg

ロッヂやつなみ

20220910_140953194.jpg

くろゆり山荘……と書いてますがもうやってなさそう。

20220910_141013283.jpg

そしてその先にバス停がありました。

14:10 姥沢バス停着。リフトの下に着いてからだと8分くらいかかったでしょうか。

20220910_141038650.jpg

運転手に行き先を告げてお金を支払ってから乗車しました。運賃は一律500円です(通常は200円ですが、姥沢で乗り降りするときだけ500円になります)。

20220910_141404468.jpg

町営のいわゆるコミュニティバスと呼んで差し支えないと思うのですが、町では単に路線バスと呼んでいるそうです。Wikipediaにも記事がありました。1977年からあるのだとか。

西川町路線バス – Wikipedia

姥沢バス停→西川IC

14:20 姥沢バス停発。

乗客は6人。1人は道の駅にしかわで別のバスに乗り継いで寒河江(さがえ)駅へ向かいました(暑いバス停で長時間待つのが嫌だと言っていました)。残りは全員西川ICへ。

20220910_144441512.jpg

15:07 西川ICバス停着。

20220910_150728263.jpg

高速道路の南北どちらの車線側にもバス停があるのですが、行き先を聞いて北側、山形・仙台方面行きの入口で下ろしてくれました。

西川IC→山交バスターミナル(山形)

トンネルをくぐって階段を上がると高速道路脇に設けられたバス停に出ました。

20220910_150734199.jpg
20220910_150813279.jpg

待合所には屋根があるのですが日差しが当たって非常に暑い。他の人たちは後ろの日の当たらないところに待避していました。

20220910_150815717.jpg

西川バスストップの見取り図。

20220910_151846842.jpg

時刻表等。

20220910_151849399.jpg

先に来たバスは仙台行きでした。二人乗車。事前予約が必要で、一人は電話で予約したらしく現金で運賃を支払っていました。

15:39 山形行きのバスが到着。私も含めて三人乗車。こちらは予約不要の自由席です。Suica対応でした。

20220910_153942962.jpg
20220910_154040601.jpg

15:40 西川バス停発(5分遅れ)。

20220910_160249931.jpg

16:21 山交バスターミナル前着。西川バスストップからの運賃は1210円でした。

20220910_162243114.jpg

バスの移動経路:

合計距離: 62565 m
総所要時間: 02:05:15

ホテルリモージュ

さて、このまま東京に帰っても良いのですが、せっかく山形に来たので一泊して明日は付近をブラブラしようと思い安い宿を取っておいたのでした。

20220910_162455252.jpg

16:25 ホテルリモージュ着。山交バスターミナルからすぐの所にありました。

雑居ビルの3~7階がホテルになっているようです。

20220910_162645664.jpg

1Fはファミリーマート。その横の入口から入ってエレベーターでフロントのある3階に上がってチェックイン。

2日前に楽天トラベルで予約・決済してあります。1泊朝食付きで5296円でした。

再びエレベーターに乗って7階へ。

20220910_163027019.jpg

必要十分で申し分の無い部屋です。天井の照明は家庭でも使われているようなリモコンで色も変えられるLEDシーリングライトでした。ホテルによくある暗くて暖色系の照明が嫌いな私にとっては嬉しい。

20220910_163104536.jpg

夕食

17:08 ホテルリモージュ発。

20220910_170806790.jpg

立派な自転車レーン。近年どこでも見るようになりましたね。

20220910_171049285.jpg

17:21 栄屋本店着。

20220910_172202559.jpg

ここは山形名物「冷しらーめん」の元祖のお店なのだとか。というわけで冷しラーメン(935円)。

20220910_173751371.jpg

冷やしとなるとキュウリが入っている率が高いのは何なんでしょうね。でもそれ以外はあまり冷やしの要素はありません。冷やし中華のような酸っぱい味付けでもありませんし普通の醤油ベースのスープです。油っぽさはほとんど無く薄味ですが少々甘みを感じます。もやしがシャキシャキしていて美味しい。氷が浮いているのを見ると「そういえば冷やしだったな」と再認識するくらい自然でバランスが取れた味だと思います。

食べ終わったらノンビリ歩きながらホテルに戻りました。

20220910_180354288.jpg

信号機が縦だと雪国に来たんだなと思います。

20220910_181124340.jpg

朝食

2022年9月11日(日) 7:00から朝食。

和食と洋食が選べますが洋食にしました。美味しかったですよ。

20220911_065936486.jpg
20220911_070222809.jpg

忘れ物が無いか確認してチェックアウト。

20220911_074319624.jpg

山形観光

07:46 ホテルリモージュ発。

さて、今日は一日山形をブラブラしようと思います。

例によって夜行の高速バスを予約してあるのでそれまで時間を潰さなければなりません。

とりあえず一箇所だけ行ってみたいところがあったのでそこに向かいます。

20220911_075249347.jpg

07:55 山形駅着。

20220911_075735715.jpg

山形では極一部の駅だけSuica対応です。なんて中途半端な……。

20220911_075928720.jpg
20220911_082723135.jpg

ちょうど電車が出発したところでした。ちょっと急げば間に合ったのに……。

20220911_080021738.jpg
20220911_082702495.jpg
20220911_082836402.jpg

仙台行きに乗車。

20220911_083206881.jpg

08:55 山形駅発。5駅先へ。

09:13 山寺駅着。

20220911_091337394.jpg
20220911_091509626.jpg

09:15 山寺駅発。

20220911_091515114.jpg
20220911_091558000.jpg
20220911_091601866.jpg
20220911_091616571.jpg
20220911_091754728.jpg
20220911_091934031.jpg
20220911_092143864.jpg
20220911_092355581.jpg
20220911_092551396.jpg

09:26 立石寺の山門に到着。

立石寺、通称山寺は綺麗な景色が見られる場所としてよく紹介されているので一度行ってみたいと思っていたのでした。

宝珠山 立石寺

入山料300円を支払って中へ。

20220911_092744649.jpg
20220911_092807850.jpg
20220911_093120038.jpg
20220911_093616009.jpg
20220911_093732913.jpg
20220911_093743446.jpg

この辺りはなかなか良い雰囲気ですね。

20220911_093811692.jpg
20220911_093847575.jpg
20220911_093855487.jpg
20220911_093911887.jpg
20220911_094019179.jpg
20220911_094349882.jpg
20220911_094353038.jpg

09:45 一番上の奥の院に着きました。1000段以上の階段ということでしたが、それほど急ではありませんし所々見る場所もあって立ち止まるので思ったよりは疲れませんでした。登山をやっていればなんてことの無い場所でしょう。

20220911_094522125.jpg
20220911_095020427.jpg
20220911_095129394.jpg
20220911_095327868.jpg
20220911_095616414.jpg
20220911_095639646.jpg
20220911_095651768.jpg
20220911_095744221.jpg
20220911_095758407.jpg
20220911_095908330.jpg

10:00 五大堂着。

20220911_100008_IMG_6754.jpg
20220911_100025146.jpg
20220911_100027063.jpg
20220911_100034284.jpg

見晴らしの良い場所です。

20220911_100615281_PANO.jpg
20220911_100627710.jpg
20220911_100116_thb.jpg

五大堂の下にあるのが開山堂と小さいのは写経を納める納経堂なのだとか。立石寺の写真として最もよく使われているのはこの場所です。

20220911_101335671.jpg

実際に見てみた感想は……「カメラマンはうまいこと切り取っているな」といった所でしょうか。どう撮るのが一番良いのかなかなか難しいです。

20220911_101426470.jpg
20220911_101821545.jpg
20220911_102044842.jpg
20220911_102542004.jpg
20220911_102728581.jpg
20220911_102957103.jpg
20220911_103538633.jpg

10:36 山寺駅まで戻ってきました。山形へ戻ります。

20220911_103657244.jpg

経路検索して出てきたバスのルート(10:41発)を電車だと勘違いして急いで駅に入ってしまいました。次の電車は11:10発。ベンチに座って待ちます。風が涼しくて心地よいです。

20220911_104457552.jpg

電車は安全確認を行ったとかで遅れていました。11:30山寺駅発。

20220911_112907708.jpg

11:47 山形駅着。

20220911_114724927.jpg

後は特に予定は無いので行き当たりばったりでブラブラします。とりあえずお昼ご飯は何にしようかな。

20220911_115039488.jpg

山形駅の西口を出て、右手の霞城セントラルの中を通り抜け向かった先はこちら。

20220911_123447509.jpg

山形どんどん焼き 「おやつ屋さん」

山形のソウルフードと言われているどんどん焼きを食べに来ました。以前桜の時期に来て屋台で食べたことがあるはずなのですがもうすっかり覚えていません。

ちょうどお昼時と言うこともあって沢山の人たちが並んでいました。大半は持ち帰り。家で家族と食べるのでしょう。店の中で食べる人も数名いました。子供と一緒に買いに来ている人もいて、何だか休日お昼のマクドナルドを連想する雰囲気でした。山形におけるファストフード店と言っても間違いでは無いでしょう。

20220911_122129528.jpg

チーズどんどん焼き(ソース)+焼きそば(小)。

うーん、なんてジャンクな食べ物なんだ。ガツンとくる甘辛いソースとマヨ。柔らかい生地。チーズが美味しい。安いだけあって基本中身は貧弱なので、何を入れるかによってかなり変わってくる食べ物でしょう。

食べ終わったらすぐ目の前にある霞城公園へ。

20220911_123527585.jpg
20220911_123620895.jpg

山形市郷土館というのがあったので入ってみました。

20220911_124421110.jpg

この建物は済生館(さいせいかん)という病院の本館が移築されたものなのだとか。だからなのか郷土館と言っても展示のほとんどは医学分野です。

20220911_125624381.jpg

明治初期に作られた擬洋風建築として重要文化財に指定されています。

20220911_131757601.jpg

続いて同じく霞城公園内にある博物館に来てみました。

20220911_133555473.jpg

あれー???

20220911_133654919.jpg

博物館の目の前にあるのが本丸一文字門。

20220911_133904506.jpg

霞城公園山形城の跡ですがその一角を復元したものです。

門だけなので通り抜けてもその先は雑草が生い茂った土地があるだけです。何十年にもわたって発掘調査や復元を続けているようなのでいつかはその全てが復元される日が来るのでしょうか。と思ったら本丸御殿部分は広場にする計画なのだとか。

公園の一角にある最上義光像。

20220911_134818185.jpg

二の丸東大手門から外へ。

20220911_135706036.jpg
20220911_135741782.jpg

特に行く当てもなく真っ直ぐ歩いていると済生館の文字が。こちらが現在の病院の姿です。

20220911_140655313.jpg

歩き疲れたのでベンチで休憩。日陰は涼しい風が吹いていて快適です。

20220911_140924042.jpg

さらに街を歩いているとずいぶん雰囲気のある建物が。何かの文化財かと思いきや現在でも営業している医院のようです。

20220911_143410525.jpg

JAやまがた おいしさ直売所 紅の蔵店。美味しそうな果物が売っていましたが荷物になるので買うのは止めておきました。その場で剥いて食べて捨てられるような場所があると良いんですけどね。

20220911_143742397.jpg

その前にあった山形まるごと館 紅の蔵。門の中に入って覗いてみたのですが何の施設なのかよく分からなかったので退出。後で調べたところ食事、特産品、イベント開催、街なか観光等の施設だとか。

20220911_144312253.jpg

おっと、朝出発したところに戻ってきてしまいました。

20220911_145109031.jpg

駅近くにあったモスバーガーで休憩。

20220911_145459762.jpg

山形限定の「まぜるシェイク 山ぶどう&ブルーベリー」。

20220911_145924252.jpg

しばらく休みましたが狭くて微妙に暑い。外に出て涼むことにしました。

ファミリーマートでお茶を買って近くの公園へ。山形は休むところには事欠きませんね。

20220911_160755338.jpg

それにしても今日はあまりにも無計画すぎました。

こんなことなら蔵王にでも行けば良かったかなと思いましたが、蔵王には昔行ったことがあります。行ったことが無い所に行けてどんなところか分かったので良しとしましょう。

駅ビルのS-PAL山形。色々な店舗が入っています。

20220911_162805548.jpg

ブラブラ色々見て購入したのが丹野こんにゃくの玉こんにゃく(120円)。山形の名物でもあります。

20220911_163824608.jpg

こんにゃくの串刺しなんて美味しいの~? と思う人もいるかもしれませんが、これが案外行けます。醤油で煮込んであるので表面にはしっかり味が染みこんでいます。しょっぱい系のお味。こんにゃく自体もプリッとして歯切れも良く気持ちのよい食感です。

東口の地上部分には沢山のベンチがあったのでまたしても座ってしばらく休んでいましたが、しばらくして夕食を探しに出かけました。

山形ならではのものが何かないかなと探したのですが、どこも少々お高い。芋煮って高い物なんでしょうか。牛肉が入っているのかな? 観光地価格?

山形牛、米沢牛はまぁ、お高いでしょう。中途半端な金額を出して下手なものを食べてもなぁと思いますし、大枚叩いて良いお肉を食べても何だか虚しさを感じそうというか、幸せを感じる絵が浮かんでこなかったので止めておきました。

20220911_174916860.jpg

まぁ、無理に名物を食べる必要も無いでしょう。

20220911_180231898.jpg

というわけでたどり着いたのが西口にあった定食屋。本当は向かいの洋食屋にしようと思ったのですがやっていなかったので。お昼に行ったおやつ屋さんのすぐ近くです。

20220911_180455111.jpg

からあげが一番人気とのことでしたが、気が進まなかったので油淋鶏定食(970円)にしてみました。小鉢のサラダ、豆腐も付いていてまずまず満足でした。

20220911_181426549.jpg

外に出て向かいの公園で休憩。

20220911_184513349.jpg

時刻は18:45。高速バスの発車時刻は22:30なのでまだ4時間弱あります。

山形駅西口→丸ノ内鍛冶橋駐車場

とりあえず西口のバス乗り場を確認。霞城セントラルという建物の目の前に高速バスの乗り場がありました。

20220911_184933992.jpg

WILLER EXPRESS、オリオンバス、武井観光の標識が立っています。実際22時から22時半にかけて3台の高速バスがこのバス停にやってきました。ここの他にも東口から東京へ向かう高速バスもあるようです。

時間が余って仕方が無いので再びS-PALに行ったり駅の待合所にあるお土産屋さんを覗いたり。

購入したグミの一つがかなり美味しかったです。

20220911_191502758.jpg

中に入っているジュレ?が美味しいです。思っていた以上にフルーツ感がありました。他にもさくらんぼやデラウェア(これは別メーカー)のものも買ったのですがこれが一番でした。スッキリした味なのであっという間に全部食べてしまいました。値段は何と150円。安い! 近所で売ってたら見るたびに買ってしまうでしょう(たぶん売っていない)。

西口には広場のようなスペースがあってベンチも沢山ありました。大きなベンチもあり、思わず寝そべりたくなってしまいました。すぐ近くにはトイレもあります。

20220911_202612271.jpg

それにしても山形は本当にベンチが多いですね。近年は排除アートなどという人心の荒廃を象徴するかのようなものもありますが、幸い山形駅ではそのようなものは見かけませんでした。ホームレスに使われたらどうするのでしょうか。困っている人がいたら声をかけましょうというようなアナウンスも流れていたので、そうするのかもしれません。その方が健全ですね。などと考えながらスマホで色々見て時間を潰しました。

この日の移動経路:

合計距離: 42244 m
総所要時間: 13:24:51

22時が過ぎたので横断歩道を渡ってバス停の近くに行ったところこちらにもベンチがありました。

20220911_220326631.jpg

22:21 乗車するバスが到着。

20220911_222156064.jpg

今回乗車するのは、武井観光の「かごたびライナー502便」 山形・米沢発 東京・西船橋・幕張行き。

3日前(8日)に高速バスドットコムで予約しました。運賃は山形→丸ノ内鍛冶橋駐車場で2400円でした。

座席は標準的な4列シート。ただし、乗車時に何番のABというように座席を指定されたので1人で2席占有できました。件のウィルスによるものなのか、それとも単に乗客が少なかっただけなのかは分かりません。

20220911_222345036.jpg

電源はUSB Type-A……なのですが、どうにも充電ケーブルの端子が刺さりません。

20220911_222437245.jpg

穴の中を覗き込むと、どうも中の受け側の端子が下の方に半分くらい下がってしまっています。どうしようもないので、隣の座席の端子に差し込みました。前述したとおり隣に人はいません。

22:31 山形駅西口バス停発。

休憩は安達太良、佐野、川口。

2022年9月12日(月) 05:31 丸ノ内鍛冶橋駐車場着。

20220912_053149276.jpg

電車で帰宅しました。

感想

月山八合目からの上りはなだらかで歩きやすく、リフトへの下りは見晴らしが良く、終始森林限界の上で美しい山容を楽しめました。もちろん湿原も綺麗でした。

惜しむらくは花がほとんど終わりかけだったことと鳥海山・庄内平野方面が少々霞んでいたことくらいでしょうか。紅葉の時期にもまだ早く、もうしばらくして葉がより赤く染まるとさぞ美しくなることでしょうね。紅葉狙いでも良かったかもしれません。

運行日と座席数は限られますが東京からの八合目へのアクセスは良好でした。寝て1回乗り換えて2時間バスに乗るだけで着いてしまいますからね。それに比べると姥沢からのスタートは少々面倒でしょう。上で一泊するならそれも悪くは無いかもしれませんが。

それにしても今年の夏は本当に天気が悪いですね。とにかく良い天気が続きません。特に長野方面の天気が悪いことが多いのが困ります。テントを持って何日か歩くなんて気にはちょっとなりません。そうこうするうちに9月も下旬に入ろうとしています。どこかでスカッと晴れてくれれば良いのですが。

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ 人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。